top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今年はきのこと鴨!「しゃぶしゃぶ温野菜」に秋の新鍋「初代極みだしと秋の鴨しゃぶ」登場

TOKYO HEADLINE

 厳選した肉と国産野菜が楽しめるしゃぶしゃぶ専門店「しゃぶしゃぶ温野菜」にて、秋の期間限定メニュー「初代極みだしと秋の鴨しゃぶ」がスタートした。毎年秋に登場する「鴨しゃぶ」に、今年は希少なたもぎ茸と生きくらげが加わり、秋の味覚7種のきのこもラインアップ! 早速きのこ大好きなグルメ担当が試食した。

 2010年に発売した「鴨しゃぶ」は、当時2週間で1万9000食を売り上げる人気を獲得。以降、秋の定番メニューとなっていたが、昨年は新型コロナの影響で販売を休止し、復活を望む声が高まっていたという。今年は肉と野菜が食べきりセットになった「秋の鴨しゃぶ御前」(税込2068円)と、鴨しゃぶと厳選牛、イベリコ豚しゃぶなど13種の肉、国産野菜、おつまみなど60種が食べ放題となる「秋の鴨しゃぶ食べ放題」(税込3828円)がある。

 鴨専用だしとして、職人がつきっきりで温度調整する「手火山式」で焙乾した本枯節に昆布と椎茸、2種の魚介、本みりんを加えた「初代極みだし」を使用。現在のグランドメニューである「三代目極みだし」よりも甘みがあり、鴨肉の味わいをより引き立てるとのことで復活したもの。さらに好きなだしを1種選べるので、今回はたまり醤油と黒糖の「すき焼きだし」(卵付き)をチョイス。

 鴨肉は脂と赤身のバランスが絶妙な合鴨のもも肉を、他の肉より厚めにカットして提供。最初に「旬野菜盛り」(たもぎ茸・生きくらげ・甘にんじん・水菜・トマト・レタス・豆苗・緑豆もやし・ニラ・キャベツ・味えのき・完熟舞茸)と「7種のきのこ」(たもぎ茸・生きくらげ・肉厚椎茸・完熟舞茸・うま味しめじ・白えのき・味えのき)、「ねぎ2種盛り」(洒落ねぎ・翡翠ねぎ)、今回のために開発したオリジナルブレンドの「ゆず七味」が提供される。2種のだしをあたためていよいよしゃぶしゃぶスタート!

 まず「初代極みだし」のみで鴨肉を味わう。肉厚で身がやわらかく、どこか野性味の残る味わいに、香り高く甘みのあるだしがぴったり。2種のねぎをだしに加え、鴨肉で巻いてゆず七味をつけて食べるのもおすすめだ。その後、きのこと野菜を「初代極みだし」に入れ、だしの染み込んだたもぎ茸やコリコリ食感の生きくらげ、甘みたっぷりの野菜を堪能。

広告の後にも続きます

 厳選牛しゃぶは「すき焼きだし」に泳がせ、溶き卵に潜らせると甘辛いだしにまろやかな溶き卵がよく合う。きのこと野菜を加えると、だしの甘辛さで素材の甘みが引き立ち、意外とトマトが合うことにも驚いた。続いて「竹筒鶏つみれ」が登場し、「初代極みだし」「すき焼きだし」それぞれに落として煮込む。しっかり煮込んだ鶏つみれは、鶏肉の旨みとふわふわの食感がおいしい。だしで温めたモッツアレラチーズを鴨肉にのせて食べる「チーズしゃぶしゃぶ」も楽しい。

 〆は鴨ときのこ、野菜のだしが加わった「初代極みだし」に「乱切りそば」を泳がせ、鴨肉をのせる「鴨そば」に大、大満足。さまざまな旨みが詰まった「初代極みだし」は、そのまま味わうのもおすすめだとか。

 行動制限のない秋、ぜひ身近な人を誘って「しゃぶしゃぶ温野菜」で期間限定の「初代極みだしと秋の鴨しゃぶ」を楽しんでみては?

「鴨しゃぶ」のために復活した「初代極みだし」(右)と「すき焼きだし」

モッツアレラチーズを鴨肉にのせて食べる「チーズしゃぶしゃぶ」

しゃぶしゃぶ温野菜「初代極みだしと秋の鴨しゃぶ」 ■「秋の鴨しゃぶ御前」2068円(税込) 出汁:初代極み出汁と他8種の出汁から1つ選択 肉:鴨しゃぶ(2皿)、厳選牛しゃぶ 野菜:旬野菜盛り、3種のナムル 他:ゆず七味、乱切りそば ■「秋の鴨しゃぶ食べ放題」3828円(税込) 出汁:初代極み出汁と他10種の出汁から1つ選択 期間限定:たもぎ茸、生きくらげ 本コース限定:ゆず七味、乱切りそば ※二子玉川店・狭山店・千葉中央店・大井町店・御茶ノ水店・五反田店別館・市川鬼高店・伊勢佐木モール店・八王子大和田店・高田馬場店での販売はありません。 【URL】https://www.onyasai.com/

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル