top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【オールカマー予想】天皇賞・秋への優先出走権を手にするのは

netkeiba.com

【オールカマー予想】天皇賞・秋への優先出走権を手にするのは

 優勝馬には天皇賞・秋への優先出走権が与えられるレースで、別定重量のGII戦。強い馬、実力馬にとって有利な舞台設定だ。

 過去10年間の勝ち馬はすべて前走で重賞競走を経験しており、中でも国内外のG1競走から挑んだ馬が7勝。特に同じ距離で行われる宝塚記念から挑む馬は、延べ14頭中3勝2着2回3着2回と信頼度は高い。1〜3番人気馬は6勝2着7回3着5回。

 ◎テーオーロイヤルはダイヤモンドS優勝馬で、天皇賞・春3着。GIIIのハンデ戦を勝ったばかりで挑んだ天皇賞ではタイトルホルダーを負かしに行った分、最後は脚が上がってしまったが内容的には褒められるものだった。

 デビュー直後はゲートに課題を残していたが、未勝利戦を勝ち上がった直後に挑んだ青葉賞は0.1秒差4着。その後、ひと息入れて秋に復帰すると、どんな位置からでも競馬ができる自在性と、ロングスパートに耐えられる優れた心肺機能を武器に最下級条件戦から4連勝で重賞ウイナーにまで上り詰めた。

 帝王賞に勝ったメイショウハリオの異父弟で、父はエピファネイアの半弟で2歳王者のリオンディーズ。今回の結果次第では、秋の主役となりえる存在だ。

 宝塚記念3着から挑む〇デアリングタクトは三冠牝馬。力強い末脚を武器にジャパンカップでは同世代の三冠牡馬コントレイルにクビ差3着だった。その後、屈腱炎を発症し1年以上の休養を余儀なくされたが復活。

 宝塚記念は勝ち馬には離されたものの3着。衰えがないことを示している。約5か月ぶりの実戦となった秋華賞を制したくらいだから、休み明けに不安はなく、重馬場の桜花賞を勝ったように重馬場も苦にしない。ここは秋のGI戦線で存在感を示すためにも恥ずかしい競馬をして欲しくない。

 ▲ヴェルトライゼンデはワールドエース、ワールドプレミアの半弟で、ドリームジャーニー産駒の大型馬。ホープフルS2着、スプリングS2着でダービー3着だからコントレイル世代を代表する1頭だ。

 前走の鳴尾記念は屈腱炎を発症し1年4か月ぶりの実戦となったが完勝。改めて自力の高さを示している。中山競馬場は2200mのアメリカJCC2着含み4戦して2着3回。外枠に泣かされた皐月賞以外は堅実な成績を残しており、距離コースに不安はない。

 △ソーヴァリアントはマジックキャッスルの半弟で、オルフェーヴル産駒の大型馬。未勝利戦を勝ち上がった直後の弥生賞4着、セントライト記念2着と高い能力を示しながらチャレンジCで重賞初勝利。

 今年は飛躍の年となるはずだったが、骨折により、今回が今年の初戦となる。中山競馬場芝2200mコースは3戦して1勝2着2回。注目の1頭だ。

 △ウインキートスも中山競馬場芝2200mは3戦して昨年のオールカマー2着含め1勝2着2回と得意としており、侮れない1頭だ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル