top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『鎌倉殿の13人』畠山重忠の死は北条義時に何をもたらすのか 回り続ける“因果”を紐解く

Real Sound

 質実剛健的なリーダーシップを発揮するわけではないけれど、頼朝の側に仕えていたこともあり、その場の「空気」を読むことに長け、御家人たちの信頼も厚く、気がつけばトップの座に限りなく近づきつつも、自らトップに立とうとする意志は、いまだうかがえない義時。彼はいかにして、鎌倉政権のトップに立ち、日本の歴史上でも数少ない「朝敵」認定されたリーダーとして、その名を残す(あるいは、その事実によって、その名を抹消される)人物となるのだろうか。さまざまな人々の「思惑」が入り混じりながら、『鎌倉殿の13人』は、いよいよ怒濤のクライマックスに向けて走り出そうとしている。(麦倉正樹)

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル