top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

香取慎吾×岸井ゆきの“結婚式”カットも解禁 映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』出会いを切り取った本編を一部公開

SPICE

『犬も食わねどチャーリーは笑う』より (C)2022 “犬も食わねどチャーリーは笑う”FILM PARTNERS


公開中の映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』から、本編映像の一部と新場面写真1点が解禁された。

『犬も食わねどチャーリーは笑う』は、『凪待ち』以来3年ぶりの映画出演を果たす香取慎吾を主演に迎えた作品。香取と初共演する岸井ゆきのがヒロイン役をつとめ、市井昌秀監督(『台風家族』など)が自身のオリジナル脚本をもとに映画化したものだ。そのほか、井之脇海、的場浩司、眞島秀和、きたろう、浅田美代子らがキャストに名を連ねている。本作で描かれるのは、結婚4年目を迎える田村裕次郎(香取慎吾)と日和(ひより/岸井ゆきの)の物語。表向きは仲良し夫婦の二人だったが、日和がこっそり投稿していた SNS「旦那デスノート」をきっかけに、少しずつ小さなすれ違いがつまびらかになっていく。

解禁された本編映像は、香取演じる裕次郎が職場のホームセンターで、岸井演じる日和と出会うシーンを切り取ったもの。日和が欲しい商品に手が届かずに困っているところを、裕次郎が助けるシーンからスタート。商品について何問も質問する日和に対して、裕次郎はジェスチャーを交えながら細やかに商品を説明。思わず笑顔が溢れる日和に、裕次郎も笑顔で返す和やかな場面だ。また、場面写真では、裕次郎と日和の結婚式でのひとコマも公開。裕次郎の職場の浦島店長(的場浩司)や後輩の若槻(井之脇海)、同僚でのちに裕次郎に“旦那デスノート”を紹介する蓑山さん(余貴美子)に囲まれ、幸せそうなふたりの姿が写し出されている。

『犬も食わねどチャーリーは笑う』は公開中。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル