top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

移籍か、それとも残留か…今季国内FA権を取得した野手5人。争奪戦必至の注目選手たち

ベースボールチャンネル

移籍か、それとも残留か…今季国内FA権を取得した野手5人。争奪戦必至の注目選手たち

プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球の世界では、環境を変えることでさらなる高みを目指す選手がいる。その代表例がフリーエージェント(FA)移籍だ。今オフは、一線級の選手たちが数多く権利を取得。その動向が注視されている。ここでは、今季国内FA権を取得した注目の野手5人を紹介する。

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!いつでもどこでも簡単視聴。

 

森友哉(埼玉西武ライオンズ)


・出身地:大阪府
・投打:右投左打
・身長/体重:170㎝/85㎏
・生年月日:1995年8月8日
・経歴:大阪桐蔭高
・ドラフト:2013年ドラフト1位
 
 今季のFA戦線において、目玉と言っても過言ではないのが球界屈指の“打てる捕手”森友哉だ。
 
 森は、2013年ドラフト会議で埼玉西武ライオンズから1位指名を受けプロ入り。高卒1年目から1軍デビューを果たすと、翌2015年には早くも主力として台頭。主に指名打者(DH)として138試合に出場し、打率.287、17本塁打、68打点をマークした。
 
 プロ入り直後は外野手や指名打者での起用が多かったが、2018年から捕手に専念した。同年は打率.275、16本塁打、80打点の活躍を見せ、捕手部門で初のベストナインに選出。翌2019年には打率.329、23本塁打、105打点と傑出した数字でリーグ連覇の立役者となり、首位打者と最優秀選手(MVP)に輝いた。
 

 
 今シーズンは、8月に国内FA権を取得。怪我の影響もあってやや成績を落としているが、その打棒は健在だ。ベストナイン3回の実績を誇る強打の捕手がFA宣言をすれば、複数球団が獲得に名乗りを上げるだろう。

外崎修汰(埼玉西武ライオンズ)


・出身地:青森県
・投打:右投右打
・身長/体重:177㎝/82㎏
・生年月日:1992年12月20日
・経歴:弘前実高-富士大
・ドラフト:2014年ドラフト3位
 
 走攻守三拍子を備えた外崎修汰も、今オフの動向に注目が集まる1人だ。
 
 外崎は、2014年ドラフト3位で埼玉西武ライオンズへ入団。プロ3年目の2017年に外野のレギュラーを奪取し、打率.258、10本塁打、23盗塁と潜在能力の高さを見せた。
 
 2019年には二塁へ本格コンバート。全143試合に出場し、打率.274、26本塁打、90打点、22盗塁をマークし、リーグ連覇に大きく貢献した。また、同年オフに開催された第2回WBSCプレミア12の日本代表に選出。金メダル獲得にも尽力した。
 

広告の後にも続きます

 
 翌2020年も全試合出場を果たし、初のゴールデングラブ賞を獲得。ここ2年は打撃面で数字を落としているが、二塁守備の貢献度は球界屈指だ。走攻守で高いレベルを誇り、内外野をこなせるユーティリティー性を備えた存在は貴重であり、補強ポイントと合致する球団は多いだろう。FAでの流出が多い西武だけに、その動向に大きな注目が集まる。

中村奨吾(千葉ロッテマリーンズ)


・出身地:兵庫県
・投打:右投右打
・身長/体重:180㎝/88㎏
・生年月日:1992年5月28日
・経歴:天理高-早稲田大
・ドラフト:2014年ドラフト1位
 
 千葉ロッテマリーンズで不動の二塁手として活躍し、チームの主将も務める中村奨吾も、今季国内FA権を取得した1人だ。
 
 中村は、2014年ドラフト会議でロッテから1位指名を受けプロ入り。即戦力としてプロ1年目から100試合以上に出場した。プロ4年目の2018年には、セカンドのレギュラーに固定。全143試合に出場し、打率.284、リーグ2位の39盗塁の成績でゴールデングラブ賞を獲得するなど飛躍を遂げた。
 
 同年から4年連続全試合出場を達成。2021年には打率.283、9本塁打、67打点の好成績でベストナインとゴールデングラブ賞を同時受賞した。今シーズンは、新型コロナウイルスの陽性判定を受けて全試合出場は途切れたが、安定した二塁守備に加え、3年ぶりとなる2桁本塁打を記録している。
 

 
 また、国内FA権を4月に取得。主将としてチームへの愛着も強いとみられるが、まだ見ぬリーグ優勝、日本一を目指して環境の変化を求める可能性もある。

西川龍馬(広島東洋カープ)


・出身地:大阪府
・投打:右投左打
・身長/体重:176㎝/80㎏
・生年月日:1994年12月10日
・経歴:敦賀気比高-王子
・ドラフト:2015年ドラフト5位
 
 球界屈指の打撃技術を誇る西川龍馬も、今オフの動向に注目が集まっている。
 
 西川は、2015年ドラフト5位で広島東洋カープに入団。プロ1年目から打撃センスの高さを発揮した。2018年には三塁のレギュラー格へと成長。外野にコンバートした翌2019年には初めて規定打席に到達し、打率.297、16本塁打、64打点の好成績を残した。
 
 2020年はけがの影響で出場数を減らしたが、昨季は打率.286、12本塁打と安定した数字を残した。今季もコンディション不良による途中離脱はあったが、持ち前の打棒を発揮し、打線の中心を担っている。
 

 
 また、国内FA権を8月に取得。故障の多さが目立ち、規定打席に到達したのはここまで2シーズンのみだが、一線級の投手に対しても高いパフォーマンスを発揮している。年齢も今年で28歳と若く、FA宣言をすれば争奪戦が予想されている。

高橋周平(中日ドラゴンズ)


・出身地:神奈川県
・投打:右投左打
・身長/体重:180㎝/90㎏
・生年月日:1994年1月18日
・経歴:東海大甲府高
・ドラフト:2011年ドラフト1位
 
 卓越したバットコントロールと堅実な内野守備を誇る高橋周平も、今シーズンに国内FA権を取得した。
 
 高橋は、3球団競合の末に2011年ドラフト1位で中日ドラゴンズへ入団した。しばらくレギュラー定着はならなかったが、高卒7年目の2018年に初めて規定打席に到達。打率.254ながら、2桁11本塁打を放つなど能力の一端を示した。
 
 正三塁手となった2019年は、打率.293をマークし、ベストナインとゴールデングラブ賞をW受賞。翌2020年は打率3割をクリアし、2年連続となるゴールデングラブ賞にも輝いた。
 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル