top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大久保琉唯が大きなプレッシャーの中でトーナメントを制覇し初代フライ級王座を獲得【Krush.141】

TOKYO HEADLINE

「Krush.141」(9月24日、東京・後楽園ホール)で行われた「初代Krushフライ級王座決定トーナメント」で大久保琉唯(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)が決勝で大夢(WIZARDキックボクシングジム)に延長にもつれ込む接戦の末、2-1の判定で勝利を収め初代王者に輝いた。

 大久保は「K-1甲子園2021」の-55kg王者をはじめK-1アマチュアで好成績を残し、今年2月にプロデビュー。デビュー戦ではプロでも6戦を戦っていた西林翔平(K-1ジム福岡チームbeginning)を相手に判定勝ちを収めた。そして「THE MATCH 2022」のオープニングファイトに抜擢されると那須川天心の弟・龍心に判定勝ちを収め一気に注目を集める存在となった。

 試合は1R、ガードを固め前に出る大夢に大久保はミドル、ローで距離を取る。そして大夢が前に出るところにカウンターでパンチを合わせる。大夢はにじり寄り右カーフ、ワンツー。大久保もカーフを返す。

 2R、ともにガードを固め距離を詰める。前に出る大夢はパンチを放っていくが、大久保はミドル、そしてパンチを返す。大夢がロープに詰めてパンチを放つが、大久保が右ストレートを打ち抜くと大夢は大きくバランスを崩す。チャンスと見た大久保が飛びヒザを放つと大夢は抱え上げるように受け止める。

 3R、大夢がプレッシャーをかけるが大久保はワンツー、カーフ、左ミドルで押し返す。打ち合いになると大夢のパンチが大久保の顔面をとらえる場面も増えてくる。

広告の後にも続きます

 判定が難しいラウンドが続き、本戦の判定は30-29、30-30、30-30で1人が大久保を支持もドロー。

 延長ラウンドもプレッシャーをかけるのは大夢。大久保は左ミドル、ローも大夢は下がらない。大久保が蹴りからパンチにつなげていくが、大夢は左フック、右アッパーで大久保に攻め込んでいく。大久保もパンチを返し、このラウンドも判定が難しいラウンドに。判定は2-1と割れ、大久保が辛くも勝利を収めた。

 大久保は試合後のマイクで「本当にこの試合にいろんな思いで臨んできました。いろんなところから注目されていて、自分が絶対に勝たなきゃいけない状況でこのトーナメントに優勝できたことは本当にうれしかったです。いろんな人に支えられて最後まで立てました。ありがとうございました」と大きなプレッシャーの中での優勝に涙交じりで周囲への感謝の言葉を述べた。

準決勝では西林を返り討ち

 大久保は準決勝では西林と対戦した。当初は山脇飛翼と対戦の予定だったが、山脇がケガで欠場。リザーブファイトに出場予定だった西林が繰り上がった。

 今年2月の大久保のデビュー戦の相手を務め敗れた西林にとっては7カ月ぶりのリベンジマッチとなった。

 1R、フライ級では際立つ長身175cmの大久保は長いリーチを生かした左右のロー、左ミドルで西林を中に入れさせない。パンチの得意な西林にとっては苦しい展開が続く。大久保はワンツー、飛びヒザもあたりは浅い。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル