top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

プリプリ王座戦に向け王者・中島翔子と挑戦者・坂崎ユカがバチバチに火花。10・9TDCホールでのビッグマッチを前に全選手が決起【東京女子プロレス】

TOKYO HEADLINE

 東京女子プロレスが9月24日、東京・両国KFCホールで「TJPW AUTUMN TOUR ’22」を開催。今大会は10月9日にTOKYO DOME CITY HALL(TDCホール)で行われるビッグマッチ「WRESTLE PRINCESS Ⅲ」を前の最後の興行となったが、同大会でプリンセス・オブ・プリンセス王座を争う、王者・中島翔子と挑戦者・坂崎ユカが激しく火花を散らした。

 この日のオープニングでは、プリプリ王座戦を前に公開調印式が行われた。中島は「今の東京女子で、この短いスパン(6月12日、さいたまスーパーアリーナでのサイバーファイト・フェスティバル以来)でベルトに挑戦することは、そう簡単にできるものじゃないと思うし、そこにたどり着くのに心の強さとか努力とか、すごく強くないとここまでたどり着けないと思ってます。トーナメント(第9回東京プリンセスカップ)で私は挫折をしました。でも坂崎ユカは勝ち抜いてもう一度、目の前に立ってくれました。私は6月に勝ってはいるんですけど、また坂崎ユカの背中を見て勇気をもらったというか、元気をもらってしまった」と評価しつつ「もうすぐ東京女子自体が10年経つんです。このベルトを防衛して、絶対に守り切って、その節目まで巻いて。(3・19両国国技館で)ベルトを巻いたときと同じように、2回目の両国国技館のメインで戦いたいと思います。そのために勝ち続けたいと思います」と王座死守を誓った。

 坂崎は「東京女子が始まってから、何回も行われてきた中島翔子とのシングルマッチ。私にとっても東京女子にとっても、ターニングポイントというか、大事なときにこのシングルが組まれてきたような気がしています。その中島翔子とタイトルマッチをやっていくなかで、自分たちでどんどんハードルを上げていって、超えられるか超えられないかって不安になりながら、自分たちの力を信じて何回も乗り越えて…。今このタイミングでまたタイトルマッチが組まれたというのは、さらに東京女子が上に行くためのタイトルマッチ。運命だと思ってるから、今持ってる以上のものを、後悔ないように全力で中島翔子にぶつかっていきたい」と意気込んだ。

 そして、メインイベントでは両者による最後の前哨戦が8人タッグマッチ(中島、辰巳リカ、渡辺未詩、愛野ユキ組vs坂崎、瑞希、らく、原宿ぽむ組)で組まれた。

 先発した中島と坂崎はピリピリするような緊張感のなかでレスリングの攻防を展開し、坂崎はふだんほとんど見せない三角絞めで中島を絞め上げた。10分過ぎに再び2人が対峙すると、中島がトップロープからライダーキック、トペ・コンヒーロを繰り出すと、坂崎は走り込んでのラリアット、エルボー連打、変型TeaTimeで応戦するなどバチバチにやり合った。最後は原宿を捕獲した中島がライダーキック、619、ノーザンライト・スープレックス・ホールドとたたみかけて3カウントを奪い、前哨戦を制した。

広告の後にも続きます

 マイクを持った中島が「この夏から、ちょっとは私も強くなったと思うんだけど。坂崎ユカが強ければ強いほど、私にとって力の源だと思ってるから。あと2週間、負けないから」と言えば、坂崎は「いよいよだね。もう言うことはないよ。試合で会おう!」と応じ、互いの健闘を誓い合った。

 そして、中島はこの日出場した全選手をリングに呼び「ここにいるメンバー、全員集合じゃないんですけど、TDCホールで東京女子は全力100%の本気が出せると思ってます。私たちの本気はTDCホールで全員集合したときなので、ぜひ見届けてほしいと思います」と話すと、全選手が円陣を組んで一致団結。中島の「みんな全力で勝ちにいくぞ!」と言うと、全員が「オー!」と叫び、TDCホールに向け決起した。

 バックステージで中島は「TDCホール前最後の試合だったので、気合を入れていろいろ確認するような感じでガッツリぶつかれたと思います。あとはお互いどれくらいもってこれるかだと思う。これ以上は何もしゃべる必要がない。自分が頑張るだけ」と話した。

 坂崎は「いつものルーティーンとは違う入りをすることで、技の選択肢を削れるかなって思って。サブミッションとかも入れたので。これで(中島は)思うように試合できないかなって気もするので。今から作戦は効いてるかなって思います。やりにくくして、勝ちにどん欲に。決着つくまで何時間かかってもいいと思うので。絶対にあきらめない気持ちで勝利をつかみにいきたい」とベルト獲りを期した。

 TDCホール決戦まで、あと15日。勝利の女神がほほ笑むのは王者になるのか、挑戦者になるのか注目が集まる。

東京女子プロレス「TJPW AUTUMN TOUR ’22」(9月24日、東京・両国KFCホール) ◆オープニングマッチ 15分一本勝負 ○鈴芽(6分54秒、片エビ固め)宮本もか● ※リング・ア・ベル ◆第二試合 15分一本勝負 ○上福ゆき(9分17秒、片エビ固め)鳥喰かや● ※フェイマサー ◆第三試合 15分一本勝負 ○角田奈穂(8分38秒、体固め)猫はるな● ※紫電改 ◆セミファイナル 20分一本勝負 山下実優&○伊藤麻希(14分2秒、伊藤パニッシュ)乃蒼ヒカリ&遠藤有栖● ◆メインイベント 30分一本勝負 ○中島翔子&辰巳リカ&渡辺未詩&愛野ユキ(18分23秒、ノーザンライト・スープレックス・ホールド)坂崎ユカ&瑞希&らく&原宿ぽむ●

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル