top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』市井昌秀監督インタビュー「香取慎吾さんは全てを把握した上で野生的に動いてくれる」

ガジェット通信

3年ぶりの映画出演となる香取慎吾と、市井昌秀監督がタッグを組んだ 新作映画『犬も食わねどチャーリーは笑う』が9月23日(金・祝)に公開となります。

結婚4年目を迎える田村裕次郎(香取)と日和(ひより/岸井)。 表向きは仲良し夫婦の2人の間に生まれた綻びが、 過激な SNS「旦那デスノート」の存在によって引くに引けない夫婦ゲンカに発展! コミカルな悪口が並ぶ「旦那デスノート」とは対照的に、 シリアスなシチュエーションにもがく裕次郎と日和の未来は一体どうなるのか…?

本作制作にかける想いや、キャストとの撮影秘話など、市井監督にお話を伺いました!

――本作大変楽しく拝見させていただきました!まずは、香取慎吾さんに裕次郎役をお願いした理由から教えていただけますでしょうか?

2008年の「ぴあフィルムフェスティバル」にて初めてお会いしてから、いつか慎吾さんの映画を作りたいと思っていました。すごく熱血とか、強烈なキャラ付けがされている作品が多い印象があったので、キャラクターがいわゆるアニメや漫画の様に突出しているわけではなく、平凡な男を香取慎吾さんに演じてもらえたら面白いだろうなと思い、(裕次郎の役は)ほぼあて書きで書いています。だらしなさも弱さもさらけ出す、人物像を描きたいなと思いました。

広告の後にも続きます

――いち観客としても、香取慎吾さんの“普通の役”というのはすごく新鮮でした。実際に現場でご一緒してみての印象はいかがですか?

本作の制作2年くらい前にMV(#FUTUREWORLD feat BiSH」)を撮影させてもらったことがあって、その時に感じたのが、「空間を把握する能力に長けている」という事です。自分がどういう風に撮られているか、アングルやサイズも全て頭に入っていて、どう動けば良いのかを瞬時に判断してくれるんです。全て把握している感じが、カメラをまわしてすぐ、「わっ、すごい!」と分かりました。

その印象がとても強かったのですが、今回の映画の撮影でも同じで。監督としての僕からすると、俳優さんにカメラの位置を気にされる事はあまり好きではないのですが、慎吾さんは、全て把握した上で、「そこにいる」事をしてくれる。すごく色々考えた上で現場に入ってくれるんだけど、カメラがまわると本能で野生的に動くという、理想的な俳優像だなと思っています。そういう方ってなかなかいないんですよね。

――素晴らしいですね。共演の岸井ゆきのさんはいかがでしょうか?

慎吾さんが決まった時に、身長差がある夫婦の画を撮りたいなと思ったのと、(僕が)単純に岸井ゆきのさんとご一緒したかったんです。顔が本当に魅力的で。一度見たら忘れられない個性的なお顔なのに濃いわけではないから、表情の機微が分かりやすくて、観客に感情が届きやすいというか。稀有な映画的な女優さんという印象が強かったです。

気持ちがすれ違っていく様も、見た目的な身長差も、こんな“凸凹夫婦”がいたら面白いなと思いながらシナリオを書いていきました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル