top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

歴史浪漫「今さら聞けない大奥」【2】将軍の行為中に4人の女性が一晩中監視

アサ芸Biz

 将軍の性事情もまた、世間の常識とはかけ離れたものであった。

 大奥女中の中で、将軍と一夜を共にできるのは、原則、御中臈(おちゅうろう)と呼ばれる女性だけに限られていた。御中臈の中から将軍の子供を授かった場合に、側室として認められ、世継ぎの男子を産めば、将軍の生母として絶大な権力を持つことになる。

 御中臈であっても将軍のお手付きにならない場合には、「お清の方」と言われ、将軍のお手付きの御中臈は、嫉妬まじりに「汚れた方」などと呼ばれた。

 とはいえ、将軍はその多くの女中たちの中から気ままに自由にチョイスして男女の営みをもてたわけではないと歴史家の安藤優一郎氏は言う。

広告の後にも続きます

「ドラマなどでは将軍の目にとまって将軍の寝所に呼び出すという場面があったりしますが、基本的にはそれはない。4〜5人いる実力者の御年寄(おとしより)の推薦があって初めて相手が決まる。将軍のお手付きになって懐妊すれば、御中臈だけでなく推薦した御年寄も出世することになります」

 さらに御中臈との交わりもまた、将軍の思いのままというわけではなかった。

 御伽坊主(おとぎぼうず)と呼ばれる女中に呼び出された御中臈は、秘部の洗浄を念入りに済ませたのち、将軍の寝所である御小座敷に入って、御年寄たちに刃物や危険物などを隠し持っていないかなど身体検査を受け、将軍を待つ。そして御小座敷の中には、将軍と性交渉相手の御中臈の床を挟んで、御伽坊主と添い寝役のお手付きの御中臈の床が両脇に敷かれ、将軍に背中を向けてはいるものの、一晩中監視されながらコトに及ばねばならなかった。襖を挟んだ隣室でも御年寄とお清の方の御中臈が寝ずの番をしていたという。つまり、4名の監視がシステム化されていたのだ。

「将軍に危害を加える恐れがないかとか、将軍に〝おねだり〟というか頼み事をする可能性もあるので、何があったかをチェックするということだったようですね。簡単に言えば2人っきりにさせないということで、将軍にプライバシーはなかったのです」(安藤氏)

 いったん大奥に上がった上級の女中たちは、原則的に城の外に一歩も出られない。そのストレスを解消するために、城内で行われる正月の儀式に始まり、七草粥やひな祭り、春には城内の桜を見る花見の宴、七夕など年中行事を楽しみ、無聊(ぶりょう)を慰めていた。上級の女中になると、狆(ちん・犬種)や猫などのペットを飼うことも許されていたという。

 奥女中たちの収入も、身分によってピンからキリまで存在した。歴史家の河合敦氏が解説する。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル