top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ふるさと納税で「あなただけの音頭作ります」 ネット反響のユニーク企画、実施団体が明かす「真の狙い」

J-CASTニュース

あなただけの音頭を作ります――。大阪府枚方(ひらかた)市のふるさと納税の返礼品がユニークだと話題になっている。なんと寄付した人の人生や社史、家族の歴史などを、枚方市に伝わる昔ながらの音頭「交野節(かたのぶし)」にのせて届けるという。

ウェブラジオなどで紹介されたことをきっかけに注目を集め、ツイッターでは「我が地元やるやん」「オリジナル音頭めっちゃ作ってほしい」といった声が寄せられている。

なぜ「ふるさと納税」として、音頭の作成を出品したのか。J-CASTニュースは2022年8月末、返礼品を提供する団体「交野ヶ原交野節・おどり保存会(以下、保存会)」に取材した。

「予想を超える音頭が届いた」依頼したライターが衝撃を語る

保存会は、各地で唄や踊りを披露するほか、交野節の歴史調査や保存活動に取り組んでいる。中学生から社会人のメンバーで構成されており、会主は小学生のころから交野節に親しんできた十河(そごう)高弥さん(27)。交野節について、次のように説明する。

「交野節はざっくり言うと大阪の音頭です。河内国北部に位置していた交野郡(現在の枚方市・交野市一帯)が発祥と考えられており、現在の『河内音頭』のルーツになっていると言われている節です。大きな特徴は『七七』『七五』『七五』という三つの節(ふし)を繰り返して物語を読み進めることです」

10万円の寄付でもらえる返礼品では、この節に合わせて寄付した人々の物語を歌う。2019年8月に出品して以来、これまでの依頼は1件(8月現在)。初めての依頼者は、ライターの岡田悠さんだった。

広告の後にも続きます

岡田さんは7月28日、ウェブメディア「デイリーポータルZ(DPZ)」のポッドキャスト「旅のラジオ」で、贈呈されたオリジナル交野節を取り上げた。同ラジオをテーマにした音頭を依頼したところ、「旅のラジオ物語」と題された約14分の大作が届いたという。

歌詞にはラジオで起こった珍事件やゲストの名前も登場した。岡田さんは8月15日、DPZ上に「ふるさと納税でオリジナル音頭を頼んだら、予想を超える音頭が届いた」という記事を公開し「すごい。圧倒された」「歌詞の完成度が高い」などと紹介。この記事に、ツイッターでは「オリジナル音頭いいな」「これは良いふるさと納税」といった声が寄せられている。

歌詞は詳細なヒアリングシートをもとに作成

保存会が手掛けるオリジナル音頭は、各種ふるさと納税サイトで注文することができる。

申し込みから1週間程度で保存会からヒアリングシートが届く。シートには名前、生年月日、歌ってほしいテーマ、年表とエピソードを記入する欄が設けられている。エピソードは、起承転結に分けて各400字ほど書き込むことができる。

保存会はこのシートをもとに歌詞を作成する。場合によっては面談を実施し、さらに詳細を尋ねることもあるという。シートを提出後、最大6か月で5分から10分ほどのオリジナル交野節を収録したCDと歌詞カードが贈呈される。

岡田さんの返礼品「旅のラジオ物語」の作詞を手掛けた十河さんは、この依頼を次のように振り返る。

「ラジオを聞いたら面白くって。豊富な資料があったために、当初は30分くらいの音頭ができました。今回一番苦労したのは、歌詞を削っていく作業。メンバー全員に見てもらって5時間くらい話し合いました(笑)
今回は一発目と言うことで我々もかなり張り切ってしまいましたが、今後もヒアリングシートや通話などを通して依頼してくださった方の期待に応えるものを作っていきたいです」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル