top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

江戸政の「焼きつくね」が信じられないほどウマイ件

ガジェット通信

焼鳥が人気の『江戸政』(東京都中央区東日本橋2-21-5)。ディープに焼いて、塗られたタレが妖艶ともいえる魅惑の視覚的旨さを放つ。プリッとした食感は想像以上に心地よく、そして甘くて程よい塩気。焼鳥好きにとってたまらない時間。

強くも食欲をそそらせる薫りを放つ

この店でどうしても食べてほしいのが、焼きつくね。ふわふわ状態のつくねのもとを軽く伸ばしてじっくり焼く。筆者は「よく焼き」が好きなので、とことん焼いてもらう。そうすれば、強くも食欲をそそらせる薫りを放つ焼きつくねが完成。

行列ができる『江戸政』

そんな『江戸政』は毎日のように行列ができ、長ければ2時間近く並ぶこともあった。しかし現在、悲しいことに閉店してしまった。

ピーマンの肉詰めは間違いなくオーダーすべき料理

店内は立ち飲みスタイル。好きなドリンクを飲みつつ、焼鳥やピーマンの肉詰めなどが仕上がるのを待つ。どれをオーダーしても美味だが、ピーマンの肉詰めは間違いなくオーダーすべき料理。

苦味と肉のうまみが合流

キャキュッとした食感のピーマンから苦みを含んだエキスがあふれ、それが肉のうまみと合流。ピーマンと肉の組み合わせは運命ともいうべき出会い。そう感じずにはいられない。

しっかり徹底的に芯まで焼いてもらう

広告の後にも続きます

忘れてはならないのが、主役級のおいしさともいえる焼きつくね。しっかり徹底的に芯まで焼いてもらう「よく焼き」でオーダー。

ワサビをつけて食べる

そのまま食べても美味。というより、最初はそのまま食べる。そして肉のうまみをとことん味わったら、次はワサビをつけて食べる。これがもう最高のご褒美。

最後の3~4個めは大量の七味唐辛子で食べる

『江戸政』に行ったら、焼きつくねは4個食べるべし、と誰かが言っていた。1個はそのままの味を楽しむ。2個めはワサビの味を楽しむ。そして最後の3~4個めは大量の七味唐辛子で食べる。

新たな焼きつくねを求めて流浪の旅に出よう/h3>
どんな味でも絶品といえる『江戸政』の焼きつくね。閉店によって、この焼きつくねの味が楽しめなくなるのは残念。しかし、この世には無数においしい焼きつくねがあふれている。新たな焼きつくねを求めて流浪の旅に出るのもありではないだろうか。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

TOPICS

" ["post_title"]=> string(72) "江戸政の「焼きつくね」が信じられないほどウマイ件" ["post_excerpt"]=> string(0) "" ["post_status"]=> string(7) "publish" ["comment_status"]=> string(6) "closed" ["ping_status"]=> string(6) "closed" ["post_password"]=> string(0) "" ["post_name"]=> string(0) "" ["to_ping"]=> string(0) "" ["pinged"]=> string(0) "" ["post_modified"]=> string(19) "2022-09-24 11:25:45" ["post_modified_gmt"]=> string(19) "0000-00-00 00:00:00" ["post_content_filtered"]=> string(5269) "

焼鳥が人気の『江戸政』(東京都中央区東日本橋2-21-5)。ディープに焼いて、塗られたタレが妖艶ともいえる魅惑の視覚的旨さを放つ。プリッとした食感は想像以上に心地よく、そして甘くて程よい塩気。焼鳥好きにとってたまらない時間。

強くも食欲をそそらせる薫りを放つ

この店でどうしても食べてほしいのが、焼きつくね。ふわふわ状態のつくねのもとを軽く伸ばしてじっくり焼く。筆者は「よく焼き」が好きなので、とことん焼いてもらう。そうすれば、強くも食欲をそそらせる薫りを放つ焼きつくねが完成。

行列ができる『江戸政』

そんな『江戸政』は毎日のように行列ができ、長ければ2時間近く並ぶこともあった。しかし現在、悲しいことに閉店してしまった。

ピーマンの肉詰めは間違いなくオーダーすべき料理

店内は立ち飲みスタイル。好きなドリンクを飲みつつ、焼鳥やピーマンの肉詰めなどが仕上がるのを待つ。どれをオーダーしても美味だが、ピーマンの肉詰めは間違いなくオーダーすべき料理。

苦味と肉のうまみが合流

キャキュッとした食感のピーマンから苦みを含んだエキスがあふれ、それが肉のうまみと合流。ピーマンと肉の組み合わせは運命ともいうべき出会い。そう感じずにはいられない。

しっかり徹底的に芯まで焼いてもらう

忘れてはならないのが、主役級のおいしさともいえる焼きつくね。しっかり徹底的に芯まで焼いてもらう「よく焼き」でオーダー。

ワサビをつけて食べる

そのまま食べても美味。というより、最初はそのまま食べる。そして肉のうまみをとことん味わったら、次はワサビをつけて食べる。これがもう最高のご褒美。

最後の3~4個めは大量の七味唐辛子で食べる

『江戸政』に行ったら、焼きつくねは4個食べるべし、と誰かが言っていた。1個はそのままの味を楽しむ。2個めはワサビの味を楽しむ。そして最後の3~4個めは大量の七味唐辛子で食べる。

新たな焼きつくねを求めて流浪の旅に出よう/h3>
どんな味でも絶品といえる『江戸政』の焼きつくね。閉店によって、この焼きつくねの味が楽しめなくなるのは残念。しかし、この世には無数においしい焼きつくねがあふれている。新たな焼きつくねを求めて流浪の旅に出るのもありではないだろうか。

(執筆者: クドウ@地球食べ歩き)

" ["post_parent"]=> int(0) ["guid"]=> string(24) "https://rensai.jp/402440" ["menu_order"]=> int(0) ["post_type"]=> string(4) "post" ["post_mime_type"]=> string(0) "" ["comment_count"]=> string(1) "0" ["filter"]=> string(3) "raw" ["cp"]=> object(WP_Term)#7518 (12) { ["term_id"]=> int(5167) ["name"]=> string(21) "ガジェット通信" ["slug"]=> string(6) "gadget" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(5149) ["taxonomy"]=> string(6) "series" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(3576) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["url"]=> string(19) "https://getnews.jp/" } } -->