top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

GP準決勝で伊澤と対戦のスヴェッキスカ「全世界にウクライナは美しく、独立した強い意志を持った国であることを伝えたい」【RIZIN.38】

TOKYO HEADLINE

「RIZIN.38」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日インタビューが9月23日、都内で開催された。

 今大会では「RIZIN WORLD GP2022 スーパーアトム級トーナメント」の準決勝が行われるのだが、1回戦でアナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ/SubHunter, Puncher Fight club)に勝利を収めたRENAが試合中に負った左眼窩内側壁骨折のため欠場。RENAを最後まで苦しめたスヴェッキスカが代わりに出場する。

 スヴェッキスカは今回の参戦については「今回もRIZINの試合に出られてとてもうれしい。前回、結果は思うようにいかなかったけれど再びトーナメントに出られるということについては、自分が前回、クオリティーの高い見応えのある試合をして、その資格が十分にあるのだというふうに高い評価を感じました。みなさんに楽しんでもらえるような、見応えのある試合をしたいと思います」と語った。

 対戦する現女子スーパーアトム級王者の伊澤星花(フリー)については「前回はストライカーで、今回はどちらかというと柔術に長け、グラウンド勝負のタイプ。自分はどちらのタイプでも身構えてしまったり気がひけるようなことはありません。ブラジリアン柔術のトレーニングも長くしていてグラウンドに十分対応できると思っている。打撃だけじゃなくグラウンドテクニックも前回見せられたと思っているので、相手が特にどちらのタイプであれ両方に対処できると思っています」と自信を見せた。

 1回戦後はウクライナに戻って練習していたというスヴェッキスカ。ウクライナ情勢についてはまだまだ予断を許さない状況ではあるが、前回の来日時に比べウクライナの反転攻勢が報道されることが増えてきている。

広告の後にも続きます

いくら良いニュースがあってもまだ戦争が続いている

 こういった状況が自身のメンタルに与える影響については「いま現在、とても良いニュースも入ってきています。ロシア軍によって占領された領土を部分的ではあるが戻ってきたり、それらはとてもうれしいニュースです。一方で今までこの間に領土内でどれほどの人たち、一般の市民、子供や軍人が命を落とさなければならなかったかと思うとうれしいだけの感情にはなれない。ただ、つい最近、両国である程度の合意があって戦争捕虜がそれぞれの国に一定の人数ではあるが戻れた。(マリウポリの)アゾフスターリ製鉄所に立て篭もって抵抗していた軍人が捕虜となりロシアに連れて行かれましたが、その人たちも一部(215名)戻ってきました、それは大きな喜びです。製鉄所の下で長い苦しい戦いを強いられていたわけですから。私たちにとってうれしいニュースが、私のメンタルにどう影響するかというと、なんの影響も与えてません。なぜなら私たちの国ではまだ戦争が続いている。いくら良いニュースがあってもまだ戦争が続いている。毎日のように平和な市民や家族が亡くなっている状況に変わりはない。こういった状況が続く限り状況をポジティブに捕らえることはできない」などと答えた。

 そして自身の勝利が母国に勇気を与えることになるかということについては「それはもちろんです。私の主な試合の目的やモチベーションは全世界にウクライナという国をもっと見せたい。そして私たちの国ウクライナは強く美しく、独立した国であるということを全世界にもっと認識してほしいと思います。今回の試合を通じてウクライナの国民に勇気を与える、誇りを与えるだけでなく。全世界にウクライナは美しく、独立した強い意志を持った国であることを伝えたいと考えています」と語った。

「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ) ◆第4試合 フロイド・メイウェザー(アメリカ)vs 朝倉未来(トライフォース赤坂) ◆第3試合 RIZINスタンディングバウトルール:3分 3R 皇治(TEAM ONE)vs ジジ(イラン) ◆第2試合 RIZIN キックボクシングルール:3分 3R(※肘有り)(53.0kg) 吉成名高(エイワスポーツジム)vs バンダサック・ソー・トラクンペット(タイ/ソー・トラクンペットジム) ◆第1試合 RIZIN MMA特別ルール:3分 3R (66.0kg) 三浦孝太(BRAVE)vs ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン(タイ/サーイゲーオボクシングジム)

「RIZIN.38」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
◆第7試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)
堀口恭司(アメリカン・トップチーム)vs 金太郎(パンクラス大阪稲垣組)

◆第6試合 RIZIN WORLD GP2022 スーパーアトム級トーナメント 2回戦 RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(49.0kg)
伊澤星花(フリー)vs アナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ/SubHunter, Puncher Fight club)

◆第5試合 RIZIN WORLD GP2022 スーパーアトム級トーナメント 2回戦 RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(49.0kg)
浜崎朱加(AACC)vs パク・シウ(韓国/ KRAZY BEE)

◆第4試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)
扇久保博正(パラエストラ松戸)vs キム・スーチョル(韓国/ROAD GYM WONJU MMA)

◆第3試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(120.0kg)
シビサイ頌真(パラエストラ東京/巌流島)vs カルリ・ギブレイン(ブラジル/BRAZILIAN THAI)

◆第2試合 RIZIN MMAルール:5分3R(66.0kg)
萩原京平(SMOKER GYM)vs 鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)

◆第1試合 RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)
大原樹理(KIBAマーシャルアーツクラブ)vs ルイス・グスタボ(ブラジル/EVOLUCAO THAI)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル