top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

JO1が福岡で新曲「SuperCali」初披露、地元凱旋の川尻蓮は「JAMは0を1にする力がある」と涙

ナタリー(音楽)

×

JO1が福岡で新曲「SuperCali」初披露、地元凱旋の川尻蓮は「JAMは0を1にする力がある」と涙

JO1が昨日9月22日に福岡・マリンメッセ福岡A館にて「2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’」の福岡公演を開催。その中で新曲「SuperCali」をサプライズで初披露した。

【この記事の画像・動画(全18件)をもっと見る】

「SuperCali」はJO1が10月12日にリリースする6thシングル「MIDNIGHT SUN」のリード曲で、タイトルは「Supercalifragilisticexpialidocious」という英語の呪文の略。昨日の公演では、「無限の可能性」というフレーズで終わるVTRが流れたライブ中盤、次はデビュー曲「無限大」が披露されると誰もが予想していたであろうそのときに、それまでの公演とは異なる「無限の可能性を叶える言葉」 という文字がスクリーンに表示され、場内のどよめきを誘う。観客が沸き立つ中、「JO1のこれからの成長を誓い、体の隅々の細胞まで情熱を燃やす」という強い信念が込められた「SuperCali」を、JO1は堂々とパフォーマンスした。

メンバーも最新曲を初披露できた喜びを口々に語り、豆原一成は「『スパカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス』という呪文、皆さんぜひ覚えて帰ってください!」とアピール。難易度の高いシンクロダンスが盛り込まれた振付の魅力について、大平祥生は「ダンスがめちゃくちゃカッコいいのでぜひ注目して」、金城碧海は「難しい振りを覚えて踊ってみてください!」と語った。曲中で好きな振付を問われた川西拓実は「11人そろってフォーメーションを組んでやるダンスが大好きですね」とコメントし、「ちょっと振付を披露して」とメンバーからリクエストをされるも、思い入れが深いがゆえに「この曲は11人じゃないとできないから」と丁重に断っていた。なお本日9月23日に「SuperCali」の音源の配信が開始し、パフォーマンスビデオの公開もスタートした。

9月3日に愛知で幕を開けた「2022 JO1 1ST ARENA LIVE TOUR ‘KIZUNA’」は、JO1にとってメンバー11人そろって臨む初のライブツアー。ツアーでは全編バンドによる生演奏がバックを固めており、新鮮なアレンジで楽曲の新たな魅力が届けられ、JAM(JO1ファンの呼称)を魅了している。ストリーミング配信も行われた昨日の公演でJO1は、バックダンサーを従えて冒頭に激しい5曲をノンストップで披露して観客を圧倒し、「Are you ready!?」「行くぞ福岡ー!」と煽った。冒頭の挨拶では、鶴房汐恩が「はかた」と自身の名前にかけてCMのフレーズのように「は、か、た、のしおん!」と挨拶し、木全翔也はマイクを外した大きな生声で「福岡ー!こんにちはー!」と叫ぶ。與那城奨は「福岡のみんな、ばり好いとうよ」と博多弁で思いを伝え、福岡出身の川尻蓮は感慨深そうに「福岡、ただいまー!」と笑顔を弾けさせ、「昨日ね、福岡が楽しすぎて、夜ちょっと眠れなかったんですよ。そのときJAMのことを考えてて。JAMって0を1にする力があるなって思ったんです。こうやってライブできるのも、デビューできたのもみんなのおかげ」とファンへの感謝を伝えた。

広告の後にも続きます

その後JO1はメインステージとセンターステージをエネルギッシュに駆け回り、中盤では3組に分かれてのユニットステージも披露。セットリストにはデビューシングル「PROTOSTAR」 から2ndアルバム「KIZUNA」の収録曲まで幅広い楽曲が盛り込まれ、終盤にもハードなダンスナンバーを多く配置して驚異的なスタミナを見せつけた。アンコールではポップなムードの楽曲がメドレー形式で披露され、メンバーは茶目っ気たっぷりに客席のJAMとコミュニケーションを楽しんだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル