top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

棚田の絶景が広がる! 星野リゾートの新温泉旅館「界 由布院」

マイナビウーマン

×

8月3日、星野リゾートが全国に展開する温泉旅館ブランド「界」の20施設目として、大分県に「界 由布院」が誕生しました。宿の中心にはなんと「棚田」が広がり、由布院の​​原風景を見ながら温泉を楽しめる施設です。

建物の建築・デザインを担当したのは国立競技場の設計にも参画した建築家・隈研吾さん。喧騒は一切なく、聞こえてくるのは自然の音だけーー予約が取りにくいほど人気の新施設に行ってきました!

■上質な農家を体験。隈研吾さん設計の「界 由布院」とは

「界 由布院」は美しい棚田を主役に「上質な農家風の奥座敷」をイメージしてデザインされた全45室の温泉旅館です。アクセスは由布院駅より車もしくは無料送迎バスで約10分。町から「こんなところに旅館があるの……?」と不安になりながらどんどん山をのぼっていくと、突如としておしゃれな旅館が現れます。

竹林で囲まれたエントランスを進み、大分県の特産品である竹をふんだんにあしらったアプローチから入り口へ。

広告の後にも続きます

中に入ると外観からは想像できなかった、チャコールグレーのシックなフロントロビーに到着します。パブリック棟や客室は農家の空間構成である「たたき」「板間」「座敷」をイメージしていて、フロントロビーは農家の玄関である「たたき」を表現した空間。そのためカウンターには土間を彷彿とする羽釜のオブジェが設置されています。面白い!

ロビーの隣は「板間」の空間である「トラベルライブラリー」。竹のフローリングが温かみを感じます。ここは24時間コーヒー、紅茶などが無料で飲める憩いの場です。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル