top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

台風15号、東海・関東接近へ=静岡県で大雨、厳重警戒―気象庁

時事通信ニュース

×


気象庁は23日、高知県・室戸岬の南海上で午前9時に熱帯低気圧が台風15号に変わったと発表した。24日にかけて東海や関東の沿岸に接近した後、同日夜までに温帯低気圧に変わる見込み。
静岡県では23日夜に大雨となり、同庁は土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。浜松市は「緊急安全確保」、静岡市などは避難指示を発令した。
浜松市や静岡市などで1時間雨量が110~120ミリ以上との記録的短時間大雨情報が相次いで出され、静岡県の大半に土砂災害警戒情報が発表された。国土交通省などは同県菊川市の菊川に氾濫危険情報を出した。
愛知県では夕方に、静岡県では夜に、発達した雨雲が連なる線状降水帯が発生した。
15号は23日午後9時、和歌山県・潮岬の南東約120キロの海上を時速20キロで北東へ進んだ。中心気圧は1002ヘクトパスカル、最大風速18メートル、最大瞬間風速25メートル。半径185キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
24日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、東海250ミリ、関東甲信180ミリ、北海道150ミリ、北陸100ミリ、近畿80ミリ。その後、関東甲信では25日午後6時までの同雨量が50~100ミリ。

TOPICS

ジャンル