top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

女子バレー日本代表は世界選手権で「ベスト8以上」を目指す。大成長した古賀紗理那、宮部藍梨のミドルブロッカー起用も注目

web Sportiva

×

 女子バレーボール日本代表は、現地時間9月24日からオランダのアーネムで開催される世界選手権に出場する。4年に一度開催される世界選手権はバレー界で最も歴史が古く、かつ規模が大きい大会。当然、今年度の代表活動でも一番の目標となってきた。


エースとして大きく成長した主将の古賀紗理那

 5年ぶりにチームの指揮を執る眞鍋政義監督は、日本を離れる前のオンライン会見で「目標は3次リーグ進出だが、今回は1次、2次と非常に厳しいゾーンに入っている。一致団結してベストを尽くしたい」とコメント。眞鍋監督は2010年の世界選手権で銅メダルを獲得しているが、再びメダルを獲得するための条件について次のように語った。

「ネーションズリーグ(VNL)は8連勝のあとに5連敗。スピードがあるバレーをしているので、その分精度を高めていかないと、世界の強豪と互角に戦うことは難しいと感じました。サーブも大きなウエイトを占めていますね。ジャンプサーブを打つ選手には、90kmを出すことを目安にするように話しています」

 その言葉どおり、今年の6、7月に行なわれたVNLで連勝を重ねていた時は、眞鍋監督が掲げる「スピードバレー」とバックアタックがうまく噛み合っていた。大きく成長したエースの古賀紗理那が、速いトスを打ちこなすだけでなくバックアタックでも得点を重ねた。

 さらに、筑波大学時代から注目されていた井上愛里沙が国際舞台でも花開き、古賀とのダブルエースとなるかと期待されたが……各国にマークされ始めてから井上は思うように得点できなくなっていった。ライトアタッカーも多くの選手を試したがうまく回らず、途中から守備型の林琴奈が担当するようになった。それでも、9月9日から18日までフランスで開催されたパリオリンピックプレ大会では、準決勝までの5試合をすべてストレート勝ち。決勝のフランス戦も1セットを落としたのみで優勝を果たしている。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル