top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「不良債権じゃない」出演者も危機感? 嵐・相葉ら『VS魂』、異例の隔週放送か

リアルライブ

 嵐の相葉雅紀がキャプテンを務めるバラエティ番組『VS魂 グラデーション』(フジテレビ系)にある変化が訪れている。

 もともと嵐の冠番組『VS嵐』(同)を相葉が引き継ぎ、『VS魂』として風間俊介、佐藤勝利、藤井流星、岸優太、浮所飛貴を加えて始まった本番組。しかし、当初の『VS嵐』のスタジオバトルを引き継いだ企画から一度リニューアルし、屋外やスタジオでゲストの芸能人とさまざまなジャンルの対決に臨むというコンセプトに変更された。

 ​>>嵐・相葉、妻の妊娠中にハワイ旅行“マタ旅”判明で批判「どんな神経」 医師も注意喚起<<​​​

 しかし、今年4月に『VS魂 グラデーション』として再リニューアル。特定ジャンルのものを正しい順番に並び替え、正解した分だけポイントを獲得できるという対決1本に。ゲストチームとそれぞれ2回ずつ挑戦し、合計ポイントの高いチームの勝ちとなるが――。

 「しかし、6月下旬に入ってから次第に番組のお休みが目立つように。8〜9月中旬に至っては2週に1度という異例の隔週放送となっていました。番組の問題点はやはりバトルの難易度が一定ではないという点。魂チームに難しいクイズが出たあと、ゲストチームに簡単なクイズが出されたりするため、対決に不可欠な公正という観点が抜け落ちている状態となっています」(芸能ライター)

 そのため、勝っても負けても視聴者はさほど盛り上がらず。バトル形式の番組としては致命的な部分で面白さを失っている。

 そんな中、ゲストの銀行を舞台にした映画『アキラとあきら』チームが登場した9月1日放送回では風間のある発言が物議を醸した。ポイントを獲得し、メンバー同士で喜び合った後、風間は「我々は声高に言っていきたい。我々は不良債権なんかじゃない!」と叫んでいた。

 「風間の顔は若干笑っており、冗談だということは分かるのですが、大がかりなセットと評判が伴っていないのは確か。言われてみると確かに『VS魂』は不良債権という状態で、冗談がまったく冗談になっていませんでした。ネットからも、『生々しい』『自覚あるんだ…』『出演者も感じてる不良債権感』といった声が集まることに。風間の発言は自虐的に捉えられてしまったようです」(同)

 番組の継続には3度目のテコ入れが必要なのかもしれない。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル