top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

皇治が「日本人をバカにするやつは許せん」とジジ征伐誓う。返す刀でメイウェザー戦もぶち上げる【超RIZIN】

TOKYO HEADLINE

×

「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の前々日インタビューが9月23日、都内で開催された。

 セミファイナルでジジ(イラン)と戦う皇治(TEAM ONE)が改めてジジ成敗を誓った。

 カード発表会見からジジの態度に怒りを覚えている皇治は「偉いのはマルコメ(メイウェザー)。マルコメもボクシング界ではすごい。リスペクトしている。でもここはRIZIN。必死こいてやってきた大舞台で、マルコメはまだアレやったとしても、横の金魚のフンはなにも偉いことないのにマルコメパワーでリング上がってくる。馬鹿にされるのは慣れてるけど“日本人のファイターがどう”とか言っていたのでしばいたろと気合が入ってます。日本人をバカにするのは腹立つなと思いましたね」とジジが日本人をバカにしていることにおかんむり。その後も「俺をバカにするやつは“言っとけ”ですが、大なり小なりプライドがあるんで、日本を馬鹿にして、他のファイターをバカにしたので、そいういうことを言う奴に分からしてやろうと思う」などと随所でジジの日本人に向けての態度を批判。

 ジジが公開練習でバッティングを予告するような動きを見せたことについては「やってこい!と。本家見してやる!」と受けて立つ構えを見せながらも「バッティングはめちゃくちゃ前に卒業してる」とやや不本意なよう。それでも「やっぱり腰の入れ方が甘い。あれじゃ1発じゃ粉砕できん。こういうこと言わすから俺がわざとみたいになりますやん! 俺をいじめるのはダメですよ(笑)」とジョーク交じりで笑いに変えた。

 試合については「圧倒的なものを見せる。俺はなにひとつエキシビションとは思っていない。バチバチいくつもり。圧倒しますよ」と闘志を燃やす。この試合はフリーウェイトで行われるとあって、体重差がポイントの一つになっているのだが、ジジは通常体重が80~85kgでさほど減量などをせずに臨むと思われる。皇治は「俺は65か66kgじゃないですか」と語ることからやはり最大20kg差になることも考えられる。前日に、元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏がこの体重差があっても皇治がパンチをもらわなければ勝てるという見解を示し、打ち合いに関してはやらないほうがいいと言っていたことを聞かされると「うーん。でもみんなそれが見たいでしょ。いいですよ、命かけてリングに上がるんだから、そういうものを見せてあげたいですよ」と打ち合い上等の気合で試合に臨む覚悟を見せた。

広告の後にも続きます

 また、皇治の“口撃”は徐々にメイウェザーにも向けられ「マルコメとやりたいっすね。どうせ勘違いするならとことんやったりますよ。“大阪にマルコメ持って帰ってきたで”にしてやろうと思っています」と大阪での対メイウェザー戦実現という壮大なプランをぶち上げた。

 皇治は8月に行われた「ABEMAスペシャルマッチ」でプロボクサーのヒロキングと対戦する際に「和製メイウェザー」というあり方にも興味を見せていたのだが「マネーはもう和製メイウェザーでしょう。儲かってしゃあない。儲けまくって、自分で団体作って、儲けまくろうかな」とヒロキング戦、ジジ戦と続くこの路線にはまんざらではない様子。

 もっとも「冗談抜きにまだまだ強くなると信じてますし、なかなか立ち技、キックボクシングができない理由があるけど、まだまだやりたいことがありますし、いろんなジャンルで、トライアスロンといったように、まだまだ強くなろうと思っています。格闘技に感謝してるんで、ファンをちょっとでもワクワクさせられるように頑張りたいと思います」と今後はメイウェザーとの対戦といったエキシビションマッチ路線と、かねてから噂される総合格闘技、再度のキックボクシングルールでの試合といった二刀流で活動していくことを示唆した。

「超RIZIN」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ) ◆第4試合 フロイド・メイウェザー(アメリカ)vs 朝倉未来(トライフォース赤坂) ◆第3試合 RIZINスタンディングバウトルール:3分 3R 皇治(TEAM ONE)vs ジジ(イラン) ◆第2試合 RIZIN キックボクシングルール:3分 3R(※肘有り)(53.0kg) 吉成名高(エイワスポーツジム)vs バンダサック・ソー・トラクンペット(タイ/ソー・トラクンペットジム) ◆第1試合 RIZIN MMA特別ルール:3分 3R (66.0kg) 三浦孝太(BRAVE)vs ブンチュアイ・ポーンスーンヌーン(タイ/サーイゲーオボクシングジム)

「RIZIN.38」(9月25日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
◆第7試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)
堀口恭司(アメリカン・トップチーム)vs 金太郎(パンクラス大阪稲垣組)

◆第6試合 RIZIN WORLD GP2022 スーパーアトム級トーナメント 2回戦 RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(49.0kg)
伊澤星花(フリー)vs アナスタシア・スヴェッキスカ(ウクライナ/SubHunter, Puncher Fight club)

◆第5試合 RIZIN WORLD GP2022 スーパーアトム級トーナメント 2回戦 RIZIN MMAトーナメントルール:5分 3R(49.0kg)
浜崎朱加(AACC)vs パク・シウ(韓国/ KRAZY BEE)

◆第4試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(61.0kg)
扇久保博正(パラエストラ松戸)vs キム・スーチョル(韓国/ROAD GYM WONJU MMA)

◆第3試合 RIZIN MMAルール:5分 3R(120.0kg)
シビサイ頌真(パラエストラ東京/巌流島)vs カルリ・ギブレイン(ブラジル/BRAZILIAN THAI)

◆第2試合 RIZIN MMAルール:5分3R(66.0kg)
萩原京平(SMOKER GYM)vs 鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)

◆第1試合 RIZIN MMAルール:5分3R(71.0kg)
大原樹理(KIBAマーシャルアーツクラブ)vs ルイス・グスタボ(ブラジル/EVOLUCAO THAI)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル