top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

アイシングクッキークリエーターの鳩サブレーアレンジ第2弾!今度はサイバー風

おたくま経済新聞

×

 9月初旬に、銘菓「鳩サブレー」をスチームパンク風に仕立て、ツイッターで話題になったアイシングクッキークリエーターのホイップシュガーさんが、またまた鳩サブレーを大胆にアレンジしました!

 今度のテーマは「サイバー風」。白く塗られた機械的なボディに、翡翠色のラインが絶妙にマッチ。スチームパンク風とはがらりと変わったテーマでありながら、ホイップシュガーさんの手によってカッコよく仕上げられています。これが未来の鳩サブレー……?

【元の記事はこちら】

 鳩サブレーアレンジの第2弾として、9月19日に公開された本作。制作にあたり、他にも廃墟、大自然といったさまざまなテーマを考えていましたが、サイバー風の作品は過去に作ったことがなかったことから、チャレンジしてみることにしたのだそう。

広告の後にも続きます

 一口にサイバー風といっても、ある程度イメージの固定されるスチームパンク風とは異なり、さまざまな解釈がある中、一際目を引くのはやはりその配色。

 他にも青色、水色、黄色といった候補があったそうですが、最終的にはホイップシュガーさんのお気に入りである翡翠色をチョイスしました。実はホイップシュガーさんのSNSアイコンのキャラクターにも、白と翡翠色が使われているんですよ。

 制作時、特にこだわったと話すのは作品の「立体感」。横から撮影しても映えるように、パーツをたくさん重ねていますが、鋭利で洗練されたデザインにより非常にスタイリッシュな印象。変形して別の形態になったとしても、何の違和感もないほどですよね。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル