top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本版『アサシンクリード』に漂う暗雲…『ゴースト・オブ・ツシマ』は超えられない?

まいじつ

×

日本版『アサシンクリード』に漂う暗雲…『ゴースト・オブ・ツシマ』は超えられない? (C)PIXTA

『Ubisoft』が誇る人気アクションゲーム『アサシンクリード』シリーズ。先日開催されたイベントでは新作が複数発表され、中でも日本を舞台にした『アサシンクリード コードネーム レッド』が注目を集めている。しかし、なぜか同作の雲行きが怪しいという声も…。

【関連】『スクエニ』RPGの“サ終”が前代未聞!? 8500円のゲームが消失「返金すべき」ほか

ファンが待ち望んでいた日本版「アサクリ」

「アサシンクリード」は、古代から続く暗殺者集団「アサシン教団」と世界の支配を目論む「テンプル騎士団」の戦いを描くアクションゲームシリーズ。9月11日に開催されたオンラインイベント『Ubisoft Forward』では、同シリーズから計4本の新作が発表された。

とくに話題を集めているのが、封建時代の日本を舞台とした「アサシンクリード コードネーム レッド」。詳細はまだ明かされていないものの、どうやら「忍」をめぐる物語になるようで、PVではそのスタイリッシュな世界観の一端が描かれている。

Assassin’s Creed Codename RED

広告の後にも続きます

封建時代の日本を舞台に、忍の物語が繰り広げられます。
シリーズのフラッグシップタイトル、オープンワールドRPGとして発売予定。

開発はオデッセイを手掛けた、Ubisoft Quebecです。#アサシンクリード pic.twitter.com/JuKv8w1knt

— Ubisoft Japan (@UBISOFT_JAPAN) September 10, 2022

これまで同シリーズではさまざまな時代や場所が題材となっていたが、日本が舞台となったことはなかった。だが日本=忍者というイメージと、暗殺者という設定の親和性の高さもあり、日本版「アサシンクリード」を求める人が多かったようだ。

ようやく実現した夢のタイトルに、ネット上では《ついに忍者が! アサクリ世界観の忍者は期待が高まる!》《和風のアサシンクリードなんて神ゲー間違いなし》《いつかくると信じてた!》と期待の声が続出している。

出すのが遅すぎた? 競合タイトルも続々

ところがSNSなどでは、《ゴーストオブツシマの劣化版にならんかなあと心配》《ゴーストオブツシマに先越された感ある》《発売後はゴーストオブツシマと比較されるんだろうな》といった反応も。たしかに発売タイミングとして、遅きに失した感は否めないだろう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル