top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

侍ジャパン・栗山監督の新構想に巨人・中田翔復活か?ヤクルト村上にも手応え

週刊実話WEB

×
(画像)Krakenimages.com/Shutterstock

来春3月、第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)が開催される。新たな代表メンバーに注目が集まるが、同時に〝元師弟〟の再会の舞台にもなるかもしれない。

【関連】侍ジャパン“世紀のドリームチーム”編成へ!新『DH制』導入で大谷WBC出場も?ほか

侍ジャパンの栗山英樹監督が9月13日に〝村神様〟こと村上宗隆を視察した。目の前で、NPB日本人選手タイとなる「シーズン55本塁打」を放ち、ご満悦だったという。

「試合前、栗山監督から話し掛けていきました。『4番は村上?』と記者団が質問すると、『好きに書いてくれ』と。ここまで言うということは…」(同)

指揮官を上機嫌にさせたのは、村上の活躍だけではなかった。この日は、対巨人戦。ここで日本ハム時代の教え子・中田翔も試合を決定づける豪快な3ランアーチを放ったのだ。

「完全復活と言っていいでしょう。巨人の4番に定着し、打率成績も上がってきました」(ベテラン記者)

広告の後にも続きます

栗山監督は「侍ジャパンの4番・村上」を中心とした打線について、こうも語っていた。

「長打を打てる打者がほかに何人か必要。岡本(和真)選手、翔であったり…」

シーズン成績が一番重要

中田に代表復帰の可能性が出てきたのだ。

代表指揮官に就任して間もないころ、栗山監督は「勢いのある選手を選ぶ」と語っていた。歴代監督は選手選考で各球団に配慮した側面も否めなかった。致し方ない部分だが、栗山監督が各球団のメンツに配慮しないという意味ではない。

「栗山監督の『勢いのある選手』発言は、若手優先の発想にとらわれず、シーズンの成績を一番に考えて、選手を選考しようとしています」(球界関係者)

中田は東京五輪メンバーではない。2017年WBC大会では4番を筒香嘉智に譲ったが、1次ラウンドで3本塁打、8打点と活躍。勝負強さに加え、外国人投手特有の手元で揺れるムービングボールも苦としない貴重な存在だった。代表復帰となれば6年ぶりだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル