top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『劇場版 山崎一門 日本統一』公開記念リレーインタビュー〜強面に隠された意外な素顔・山口祥行〜

週刊実話WEB

×
山口祥行 (C)週刊実話Web

『劇場版 山崎一門 日本統一』
監督/辻裕之
出演/北代高士、舘昌美、勝矢、中澤達也、本田広登、川﨑健太、小手山雅、岸田タツヤ、小沢仁志/山口祥行、本宮泰風ほか
配給/ライツキューブ 配給協力/ティ・ジョイ
9月23日から全国順次公開。

任俠ドラマ作品として、これまで53本。スピンオフも続々とリリースされている『日本統一』が待望の映画化! シリーズ初となる『劇場版 山崎一門 日本統一』が9月23日に公開される。そこで本誌は、劇場版公開を記念して4週にわたってリレーインタビューを掲載。

【関連】『劇場版 山崎一門 日本統一』公開記念リレーインタビュー〜芸能界“ケンカ最強伝説”を本宮泰風が明かす〜 ほか

その2回目となるゲストは、本宮泰風とともにダブル主演を務める山口祥行だ。シリーズの裏話から映画撮影の苦労、さらには愛犬家という意外なプライベートの話まで語り尽くした!

――初の映画化となった『日本統一』ですが、山口さんにとって、一番の見どころを教えてください。

山口「まず、シリーズ本編(任俠ドラマ『日本統一』)とは違って、クスッと笑ってしまうようなコメディー要素が入っているので、任俠ものが苦手な方でも楽しんで見られると思います。今作でも本宮がプロデュースをしていることもあり、とにかく〝本編と比べて山崎一門の8人のキャラをどう確立していくのか〟を一番に考えて作りました。主役一人一人の個性を大事にうまく昇華できていると思うので、群像劇としても楽しめるし、見た人は、今後〝推し〟となるお気に入りの役者が、きっと見つかると思います」

広告の後にも続きます

――任俠ドラマシリーズとしては、過去に例を見ない長編になりました。劇場版になったことも踏まえ、その要因はどこにあると思いますか?

山口「53本といっても、いいことばかりではありません。とにかく、いろいろあったんですけど、自分たちはこのシリーズに集中し頑張ってやってきました。その甲斐あってか、最初こそ手探りだったのが、途中からメーカーさんをはじめ、制作のプロの方たちが一緒になって物作りに取り組んでくれた。今回の劇場版もそうですが、シリーズを重ねるごとに一層、チームワークが良くなってきていると実感しています」

プライベートでも愛犬家

――『日本統一』を続ける中で、山口さん自身、意識したポイントはありますか?

山口「シリーズを続けるためには、次の1話、その次の1話を確実に面白くしなきゃいけない…というのは、とても意識していますね。たくさんのお客さんに見てほしいという思いがあり本宮ともよくしゃべっているんですけど、スピンオフや映画でも、いろんな色を見せようとしています。例えば、山崎一門であればストーリーの中でのお笑い要素だったり、川谷(雄一=小沢仁志)であればヒューマニズム、また、(自身が演じる)田村悠人であれば、愛犬家の一面とか…」

――お聞きしたところによると、プライベートも愛犬家だとか。

山口「そうなんです(笑)。作品の中で出てくるダンベルという名前の犬は、本当に自分の愛犬なんです。ダンベルはチワワとミニチュアダックスフントのミックスで13歳。1匹だけだと寂しいので、もう1匹飼っていますが、名前はスミスで1歳のピットブル。どちらもオスで一緒に散歩もさせますよ。実は、ダンベルを出演させたのは泰風のアイデアなんです」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル