top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

津田寛治が演じる“殺人鬼”の正体に驚き 最後は感動の展開に<5分後に意外な結末>

WEBザテレビジョン

×

津田寛治が演じる“殺人鬼”の正体に驚き 最後は感動の展開に<5分後に意外な結末>

飯尾和樹(ずん)と莉子がナビゲーターを務めるドラマ「5分後に意外な結末」(毎週木曜深夜0:29-、日本テレビ系)の第1週が9月22日に放送された。高校の教師と生徒にふんした飯尾と莉子のナビゲートパートと、2本のショートドラマという構成の本作。2本目のドラマに登場した津田寛治の演技が光った。(以下、ネタバレがあります)

■大ヒット短編小説が原作

読売テレビ・日本テレビ系のプラチナイト木曜ドラマ枠では、9月22日より『4週連続オムニバスDRAMA』と銘打ち、2つのドラマをオムニバス形式で放送。番組前半30分(夜11:59-)は上川隆也主演の「さよならの向う側」、後半25分は本作という構成になっている。

本ドラマの原作は、シリーズ累計430万部を突破し、「小学生が選ぶ“こどもの本”総選挙『短編読み物部門』」第1位、雑誌「二コラ」好きな本ランキング2020、2021の2年連続1位を獲得するなど、子どもたちやその親世代を中心に大ヒットを記録している短編小説集「5分後に意外な結末ベスト・セレクション」シリーズ(編著・桃戸ハル/講談社文庫)「5分後に意外な結末」シリーズ(学研プラス)。

飯尾が高校の先生・結島、莉子が生徒・りさにふんしたナビゲートパートとは別に、2本のショートドラマが展開する。


■津田寛治が“殺人鬼”役で登場

第1週のショートドラマは、田口トモロヲと北乃きいが出演した「呪いの指輪」と、城桧吏と津田寛治による「隣に住む殺人鬼」。

どちらも5分で意外なオチを迎える楽しさだが、なかでも津田の演技に引き込まれた。

中学三年生の祐希(城)は、隣の部屋に住む“殺人鬼”清(津田)におびえていた。12年前、殺人容疑で逮捕される清の姿をニュースで見た祐希は、「殺してやる!殺してやる!」と暴れながら叫び、カメラをにらみつける清の目を忘れることができなかったのだ。

ある日、下校途中の公園で清を見かけた祐希が引き返し、別ルートで行こうとすると、清がすごい形相で走って来て……というストーリー。

■コワモテの殺人鬼が実は!?


数多くのドラマ、映画で活躍している津田。ドラマ「警視庁捜査一課9係」「新警視庁捜査一課9係」「特捜9」シリーズ(テレビ朝日系)ではレギュラーとして長く刑事役を演じていたが、一方で映画デビュー作「ソナチネ」(1993年)の北野武監督の「アウトレイジ最終章」(2017年)などのような悪役もぴったりとハマるという演技のふり幅だ。

そして今回は、隣人の少年をおびえさせるコワモテの“殺人鬼”という役。幼いときの少年の記憶にこびりついてしまった逮捕時の演技もさすがのものだった。

公園で祐希を追いかけるように走った清は、実は車道に飛び出していた幼い子を助けるため。ケガをしてまで助けた姿に感動した祐希は、かつてニュースを見たことを明かしつつ「あなたは罪を犯したかもしれないけれど、ちゃんと償ってきたんですよね。僕が言うのもおかしいですけど、勇気を出してがんばってください。周りがどんなこと言ってきても、ケガをしてまであの男の子を助けたあなたなら、できると思います」と告げた。

その言葉に「そんなふうに思ってくれる人がいるんだったら」と涙した清。

だが実は、清は俳優だったことが明らかに。

祐希の記憶に残っていた殺人鬼は、清の俳優人生で最も大きな役だった。それを「今でも覚えている」との祐希の言葉は、俳優冥利に尽きるもので、今は仕事が少なくなっていたがもう一度奮起する勇気を得たのだった。

SNSには「津田さん、悪い顔と良い顔のギャップ!」「ホラーかと思ったらマジで予想外の結末」「津田寛治さんさすがすぎる」といった感想が寄せられた。

次回、9月29日(木)放送のショートドラマは、濱田龍臣と橋本じゅん出演の「うそつき」、鶴見辰吾と野間口徹出演の「死神」となる。

◆文=ザテレビジョンドラマ部


TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル