top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【スターダム】キッドがMIRAI熱戦突破で6勝目 「SLKの追い上げ止まらねえぞ」

プロレス/格闘技DX

×

【スターダム】キッドがMIRAI熱戦突破で6勝目 「SLKの追い上げ止まらねえぞ」

『5★STAR GP 2022』東京・後楽園ホール(2022年9月23日)
ブルースターズ公式リーグ戦 ○スターライト・キッドvsMIRAI×

 キッドがMIRAIを熱戦撃破して6勝目。「SLKの追い上げは止められねえぞ」と吠えた。

 他の選手よりもリーグ戦の日程が後半に集中しているキッド。黒星が先行した時期もあったが、現在は3連勝で6勝3敗とし、絶好調をキープしている。そんなキッドがシンデレラトーナメント覇者で5勝3敗1分のMIRAIと公式戦で対決した。

 キッドは「S・L・K!」、MIRAIは「MI・RA・I!」と同じリズムで手拍子を煽ると、スピード感溢れる先制争いに。競り勝ったキッドはその場飛びムーンサルトプレスを投下するも、MIRAIは豪快なショルダータックルですぐさま逆転。串刺しラリアットを浴びせるが、キッドも雪崩式アームホイップを繰り出した。MIRAIがカナディアンバックブリーカーに捕獲すれば、キッドもマフラーホールドに絡め取って…とシーソーゲームが続いた。

 MIRAIはぶっこ抜き式ハーフネルソンスープレックスから変型ゆりかもめに捕獲して好機。ロープを目指すキッドの足も抱え込んで絞め上げると、ラリアットを連続して振り抜いた。キッドのフランケンシュタイナー狙いをパワーボムで切り返す。

 大ピンチを迎えたキッドだが、低空ドロップキックでMIRAIの動きを止めると、フィッシャーマンスクリューで反撃開始。しつこくマフラーホールドで絡みつき、腕も同時に捕らえて黒虎脚殺で絞めに絞める。MIRAIが必死の抵抗を見せて技が解けると、キッドは作戦を切り換えてムーンサルトプレスを投下した。MIRAIはラリアットで挽回を図るも、すぐさま立ち上がったキッドは後頭部にダブルニーアタックを放ち、黒虎天罰でマットに突き刺すと、最後はスタースープレックスホールドで3カウントを奪った。

 キッドが熱戦の末にMIRAIを撃破して6勝目を上げた。シンデレラトーナメント覇者を破った勢いは本物。「SLKの追い上げは止められねえぞ。称号とか大きな結果とか残したとしても、それを次につながなければ意味がねえんだよ。シンデレラにはなれなかったけど、私は5★STAR GPの称号を手に入れたい」と豪語した。

 混戦が続くブルースターズだが、キッドはまだ3試合を残しており、ブロック突破に向けて一気に駆け上がる好位につけている。次戦は明日(24日)の高田馬場大会における飯田沙耶戦となる。

 キッドは「私は今回3連戦、全部公式戦。明日はいろいろ複雑な思いがあるであろう飯田沙耶。そして、あさってはお待たせしました、あの鈴季すず。私はこの3連戦で6点をかっさらい、10・1最終戦の岩谷麻優。岩谷麻優の前に私が有利な状態で対角に立ってやるよ。今年こそ岩谷麻優をぶっ倒すSLKでいかなきゃなんねえから」と予告した。

【キッドの話】「なかなかに結果を残してきているMIRAI。SLKの追い上げは止められねえぞ。称号とか大きな結果とか残したとしても、それを次につながなければ意味がねえんだよ。シンデレラにはなれなかったけど、私は5★STAR GPの称号を手に入れたい。そして私の、欲深き黒虎の欲しいものは狙いにいく。次にSLKをつなげるぞ。私は今回3連戦、全部公式戦。明日はいろいろ複雑な思いがあるであろう飯田沙耶。そして、あさってはお待たせしました、あの鈴季すず。私はこの3連戦で6点をかっさらい、10・1最終戦の岩谷麻優。岩谷麻優の前に私が有利な状態で対角に立ってやるよ。今年こそ岩谷麻優をぶっ倒すSLKでいかなきゃなんねえから。最終戦まで必ず決勝に駒を残す。ということで、MIRAI天罰完了…」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル