top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“宣伝になるから無償で取材”“報道だから事前チェックなし”はメディアのおごり? 『孤独のグルメ』原作者のツイートから考える取材と報酬のあり方

ABEMA TIMES

×

 「最近いくつかの新聞社から『孤独のグルメ』についてのインタビュー依頼があったけど『今回は無償で』とか『報酬と著者校正はございません』っていうので断る。『宣伝してやるからインタビュータダでさせろ』っていうみたいな新聞社の態度は、時代錯誤で非常識」

【映像】『孤独のグルメ』作者が怒りのツイート

 こうツイートしたのは漫画『孤独のグルメ』の原作者・久住昌之氏。10月からドラマの新シーズンがスタートすることもあって注目度は高まっているが、取材のあり方に苦言を呈した。

 Twitter上では「時間をもらっておいてあり得ない」「プロが相手なら対価を払うのは当たり前だろう」「記者って昔からこうだよね」と物議になっているが、実は新聞やテレビの世界では無償で取材をするという場面があるのが実情だ。

 これはメディアのおごりなのか。無報酬のインタビューはありなのか、なしなのか。21日の『ABEMA Prime』は議論した。

広告の後にも続きます

■“無償の取材=宣伝になる”は効果なし?

 個人スポーツジムを運営する加賀洋平氏は、報酬なしの依頼を受けたものの結局断ったことがあるという。「業界で結構知られている雑誌の取材だった。専門性のある知識を“タダで”と言われると、仲間に足元を見られたような、“同じ思いを共有してくれないのか”という寂しい思いをした」と話す。

 SNSなどで“自分のメディア”を持てるようになった影響も感じているそうで、「独立直後は心配や不安があったので可能な限りメディアに出ようとして、“取材依頼が来た、ラッキー”と思っていた。今はSNSが盛んで、ありがたいことに私もそちらで名前が売れている。取材は天秤がつり合わないと感じた」という。

 “無償の取材=宣伝になる”という構図も疑問に思うところがあるといい、「SNSで『僕の記事が出るので読んでほしい』と宣伝しても、すでに私のことを知っている人が読むだけだ。媒体に出ることで信頼は高まるのかもしれないが、収入面にはあまりつながらないのが現実だった」と語った。

 記者歴13年、大手新聞社で働く鈴木氏(仮名)は「久住さんのおっしゃるとおりだと思う。メディア側からお願いしているので、報酬の話になるのは当然。その額を支払えないのであれば、“今回は別の企画にする”という判断もありだ。適切なビジネスコミュニケーションができればいいと思う」と指摘。

 また、「ネームバリューのある方々はどんどん報酬を求めていくべきだ。そうすれば、謝礼を支払わないメディアはその人にアクセスできなくなる。逆に、インタビューされる側が替えのきく場合、メディアは無報酬で受けてくれる人に流れていく。どこかでバランスが取れるはずで、ビジネスの世界でもあるので綱引きのようなものだと個人的には思う」との考えを示した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル