top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

リバプールで苦戦のヌニェスは「眠れていないだろう」 ライバルOBのエブラ氏が分析

超ワールドサッカー

×

リバプールで苦戦のヌニェスは「眠れていないだろう」 ライバルOBのエブラ氏が分析

かつてマンチェスター・ユナイテッドで活躍した元フランス代表DFのパトリス・エブラ氏が、リバプールのウルグアイ代表FWダルウィン・ヌニェスの心情を慮った。イギリス『リバプール・エコー』が伝えている。

今夏に総額1億ユーロ(約134億円)の移籍金で加入したヌニェス。FWサディオ・マネがバイエルンに移籍したチームで新たな得点源となる役割が期待されたが、プレミアリーグ第2節のクリスタル・パレス戦で頭突きによって退場した影響もあり、いまだリーグ戦1ゴールと期待に応えるパフォーマンスは発揮できず、チームも開幕からの6試合で2勝3分け1敗と低迷している。

新天地で苦しい時期を過ごすヌニェスについて、エブラ氏は大手ブックメーカー『Betfair』で眠れぬ夜を過ごしているだろうと予想し、ストライカーの持つ性質について明かした。

「ダルウィン・ヌニェスは新しいリーグに来たばかりだ。それでも、彼がゴールを決めてリバプールが勝たない限りは眠れないだろうね。それが彼らストライカーのDNAなんだ」

「ルート・ファン・ニステルローイは4-0で勝っている試合でも、ゴールが決めたいからと急ぎボールを拾い、ピッチ中央へ走っていた。試合後には、勝ったのに点が取れなかったとシャワーを浴びながら怒っていたよ」

「彼らはゴールを決めるため生まれてきたようなものだ。チームが一番大事だと言いはするが、謙虚でなければと思っているだけさ。ストライカーにとってもっとも重要なのは、ゴールを決めることだ。それが真実だよ」

また、エブラ氏は今季のプレミアリーグの展望についても言及しており、混戦が予想されるも、結局はマンチェスター・シティとリバプールが優勝候補になるはずだと語った。

「今季のプレミアリーグはクレイジーで、たくさんのサプライズがあった。優勝候補はリバプールとシティだと思うが、何が起こるかわからない。例年なら12月頃にはある程度の見通しが立つが、今季はワールドカップがあるからね。すべてが奇妙になる」

「シティとリバプールがまだ優勝候補だと思うが、トッテナム、アーセナル、チェルシーなど、他にも候補はたくさんいる。チェルシーは今本当に不思議な状況となり、ユナイテッドは今の戦い方が続けられればみんなを驚かせるだろう」

「厳しい戦いになるのは間違いなく、どこがリーグを制するかを断言するのは難しい。それでも、私はシーズン当初と同じようにリバプールとシティが優勝候補だと言い続けるよ」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル