top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『アバター』について、ジェームズ・キャメロン監督が語るインタビュー映像が到着

MOVIE WALKER PRESS

×

『アバター』について、ジェームズ・キャメロン監督が語るインタビュー映像が到着

ジェームズ・キャメロンが13年の年月をかけた『アバター』(09)の最新作『アバター:ウェイ・オブ・ウォーター』(12月16日公開)の公開に先駆け、9月23日(金)より2週間限定で上映される『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』。このたび、本作の上映に合わせてジェームズ・キャメロン監督のインタビュー映像が到着した。

『タイタニック』(97)や、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(19)を上回って、全世界歴代興行収入第1位に輝く革命的大作『アバター』。今回公開される『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』は、キャメロン監督の創りだした世界が、3D映像で一新され、さらに重要なシーンが追加された特別版となっている。また、12月に公開される最新作では、第1作目から約10年後のパンドラを舞台に、海を中心とした物語が展開する。

今回到着したインタビュー映像は、キャメロン監督が作品の魅力を日本のファンに向けて語ったもの。監督は3Dに関して、「人間の無意識下に働きかけ、より強いキャラクターへの思い入れや、感動につながる」とその効果を語っており、リマスター版の製作の経緯に関しては「本作を映画館で観たことがない若い世代の映画ファンがたくさんいる。配信で観るのと、スクリーンの3Dとでは、全然違う体験だ」と答えている。

また、『アバター』を凌ぎ一度は歴代の興行収入の最高記録を塗り替えた『アベンジャーズ/エンドゲーム』に関しては「映画業界にとってとても良いことだったと思う。まだ『映画館に観に行きたい』と望んでいることを証明したんです」とその大きな影響を語った。さらに、スタジオジブリの作品からのインスピレーションも語っており「スタジオジブリの作品にはマジカルなリアリズムがある。少しだけ現実と離れているような。ジブリ作品と、そのアーティストを、以前から尊敬してきました。スタジオジブリの作品には、楽しませてもらってきました。とは言っても、そっくりにコピーするわけじゃありません。夢のような美しさを感じさせる、そのフィーリングの部分ですね」と親日家ならではのエピソードを語ってくれた。

4K HDR映像により、進化した3D映像を体験できる特別版『アバター:ジェームズ・キャメロン3Dリマスター』は、本日より10月6日(木)まで2週間限定で公開される。全世界歴代1位を誇る伝説の作品をこの機会にぜひ劇場で体験したい。

文/鈴木レイヤ

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル