top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

10回デートをしても、手を出してこない男。悶々とした女は、ある行動に出る…

東京カレンダー

×

10回デートをしても、手を出してこない男。悶々とした女は、ある行動に出る…

東京…特に港区は、ウソにあふれた街。

そんな港区を走る、すこし変わったタクシーがある。

ハンドルを握るのは、まさかの元・港区女子。美しい顔とスタイル。艶のある髪。なめらかな肌…。

乗客は皆、その美貌に驚き、運転席の彼女に声をかける。

けれど、彼女と話すには、ひとつルールがあった。

「せめて乗車中はウソ禁止です」

乗客たちは、隠れた本音に気づかされていく――。

▶前回:「もういい。1人で帰って」同棲中の彼女をタクシーに残して、去った彼。怒りの理由とは?



溜池山王~中目黒 奈緒


天気予報にもない突然の雨は、いよいよ本降りになってきた。

23時30分。傘を持たずにデートに出かけた戸川奈緒は、溜池山王の交差点で途方に暮れる。

― 空車のタクシーが全然ない。来ても乗車拒否される…。

なぜなら奈緒は今、ずぶ濡れなのだ。

ようやく1台のタクシーが目の前でスピードを落とし、停車。奈緒と同世代の女性ドライバーが、顔を出した。

「ちょっとお待ちくださいね」

ドライバーは自分が濡れることも気にせず車外に出ると、トランクからバスタオルを出して奈緒に手渡す。

「1枚で体を拭いて、1枚はシートに敷いてください」

シートにつき、柔軟剤の心地よい香りのするタオルに包まれながら、奈緒はどうしようもなく溢れてくる涙を拭った。

絶望に突き落とされた今夜、こんな形で他人の優しさに触れるとは思わなかった。

「…運転手さん。私、一世一代の告白をしてフラれたばかりなんです」

走り出すタクシーの中、気づけば言葉が漏れていた。


奈緒は長野の片田舎で育った。

愛読書は、ファッション雑誌。男ウケは悪くても、カラフルでレトロな服装に憧れた。今でいうY2Kファッションだ。

そんな服は、田舎では売っていなかったから、服のリメイクを独学で習得。

高校の制服も、自分が好きなようにリメイクした。そのせいで1週間停学になったこともある。

― とにかく早く上京したい。それで自分の好きな服をたくさん着てみたい!

奈緒にとって、東京は憧れそのものだった。

高校卒業と同時に上京した奈緒は、まずは髪を金髪に染め、髪型・服装自由のカフェで働き始めた。

現在、仕事を始めて4年。最初はアルバイトだったが、いまや正社員で店長を務めている。

仕事とプライベートで服装を分ける必要がないため、奈緒は24時間365日、自分らしいスタイルで過ごしてきた。



道岡恒也と知り合ったのは、半年前のことだった。

奈緒の働くカフェの近くにできた、ストリート系のセレクトショップ。その店を経営しているのが、恒也だった。

いつのまにか、恒也は、休憩時間のたびに来店する常連客になる。

「ウチの店内にもカフェブースがあってコーヒーを売ってるんですけど、奈緒さんの店のほうが美味しくて。しょっちゅう来ちゃいます」

そう言って屈託なく笑う恒也のことを、奈緒はいつしか好きになっていた。

― 恒也さんなら私のファッションスタイルも、きっと理解してくれるはず。

上京前も、上京後も、奈緒は人並みに…いや、人並み以上に恋愛をしてきたが、どれも短命に終わっていた。

原因はハッキリしている。

奈緒が男ウケの悪いファッションをやめないからだ。

歴代の彼は誰もが最初は「そのままでいいよ」と言ってくるが、まもなく「やっぱり女の子らしい格好をしてほしい」などと不平不満を伝えてくる。

…その発言は、地雷だ。

― 私は、ありのままの私を好きになってほしいのに。

「女の子らしい格好」などと言われると、一気に気持ちが萎えていく。

しかし、恒也は違うはずだと奈緒は期待していた。

― セレクトショップで働き、センスあるストリート系ファッションを楽しむ恒也なら、自分を理解してくれるはず。

そこで出会って2ヶ月が経つ頃に、勇気を出して連絡先を交換。初めて恒也と飲みに出かけることになった。

だがその夜、淡い期待が打ち砕かれる。



初めてのデートの待ち合わせ場所に、恒也はなんとスーツ姿で現れた。

驚く奈緒の表情を見て、「こっちが本当の俺です」と恒也は笑う。

それどころか、いつも見ていたストリート系ファッションのことを「副業用のコスプレだ」とすら言った。

実は恒也は、一流商社の社員だった。

最近副業が解禁され、リモートワークも増えたので、副業としてセレクトショップを始めたのだという。

そんな恒也が予約してくれていたのは、浅草の『ナベノ-イズム』。

いつもどおりのファッションでデートに臨んだ奈緒は、TPOに合っていない自分の服装を、人生で初めて「恥ずかしい」と思ってしまった。

食事中、ライトアップされた隅田川を眺めながら、奈緒はおずおずと聞いた。

「恒也さんって、どんなファッションの女性が好きですか?」

「そうですね…。奈緒さんのような個性的なファッションも好きですが」

と前置きしてから恒也は続ける。

「女性らしいラインの出るようなワンピースとか好きです」

相変わらず屈託ない笑顔で発した恒也の言葉は、おそらく彼にとっての本音だった。

奈緒はデートから帰宅すると、ネットですぐに“女性らしいラインの出るワンピース”を購入した。

長年、貫き通した自分らしいファッションスタイルを捨ててでも、恒也に好かれたいと思ったのだ。


「彼に好かれるような女を目指して、頑張りました。でも今夜、フラれました」

タクシーが天現寺の交差点を通過するころ、女性らしいラインの出るワンピースを雨で濡らした奈緒は、つぶやいた。

「3回目のデートから告白しようと思っていて、でも勇気が出ないまま…今日が10回目のデートでした。

毎週のように会っていたんですが、もうこれ以上、ずるずる伸ばせないと思って、一世一代の告白をしたんです。なのに…」

思い切って告白をした奈緒に、恒也はこう言った。

「ごめんなさい。今は誰とも付き合う気がないんです」

「10回もデートしておいて、それはない」と叫びたかったが、奈緒はグッとこらえた。

今夜、奈緒が抱えた絶望は、そこではなかったから――。



「運転手さん、ひとつ聞いてもいいですか?」

奈緒はミラー越しに話しかける。

「本物の愛を手に入れるためには、自分を貫くべきか、それとも相手に合わせるべきか。どっちだと思いますか?」

今までは自分を貫いたせいで、恋愛が長続きしなかった。

だから今回こそは、と相手に合わせてみた。恒也は今までの男と違うと思ったし、失いたくなかったから。

それでも結局うまくいかない。恒也に、好きになってはもらえなかった。

奈緒はあらためて尋ねる。

「運転手さん、どう思います?私、どうすればよかったのかな」

「お答えする前に、お伝えしたいことがあって。

私、このタクシーではひとつのルールを設けているんです」

「ルール?」

「せめてこの車の中ではウソはつかない。というルールです。

ルールをお伝えせずとも、お客様の言葉にはウソがなかったような気がしますけれどね」

たしかに奈緒はウソはついていない。

二度と会うことはないだろうタクシー運転手だからこそ、正直にすべてを話すことができた。

「お客様が本音で話していただけたので、私も本音でお話ししますね」

そのときになって初めて奈緒はネームプレートを見た。

奈緒と同世代の女性ドライバーの名前は「柊舞香」というらしい。

「私も、同じ悩みを抱えたことがあります」

舞香は言った。



「私はかつて、いわゆる港区女子だったんです。見た目も中身も、絵に描いたような港区女子でした。

でも好きになった男は、そういう女性のことが嫌いで…。

その人に振り向いてもらいたくて、自分を変えました」

奈緒は恐るおそる尋ねる。

「振り向いてもらえたんですか?」

「いえ、フラれました」

奈緒はがっくりと肩を落とす。

「そっか。やっぱり、無理に合わせても、ダメなんですかね…」

「はい。自分を偽っていることを相手に見透かされたんだと思います」

「なんか、すごくわかります」

奈緒は何度も頷き、続ける。

「もう最近は『自分らしさ』が大事にされる時代だし、自分のままでいいと思うしかないのかな。

でも、私が自分らしくいると、男性が寄ってこないんです。これって、どうしたらいいんですか?」

奈緒が今夜感じた絶望とは、このことだった。

正直な不安を吐露したところで、タクシーは中目黒にある自宅マンション前に到着。お会計を済ませると、舞香は言った。

「お客様は、相手好みに変化したご自身のことを、好きでしたか?」

「…えっ?」

「どんなファッションをしていても、自分のことを好きになれない人が、相手から好かれることはないと思うんです」

その言葉を最後に、舞香のタクシーは走り去った。

帰宅した奈緒は濡れた体をシャワーで洗い流したあと、自分らしい服たちと恒也に好かれるために購入した服たちを並べ、考える。

― 私は、恒也さんを好きだったこの4ヶ月、自分自身のことを、好きだったのだろうか。

奈緒は思わずつぶやく。

「あんまり好きじゃなかったな…」

恒也に好かれようという強い気持ちだけでやっていたから、自分が自分を好きかどうかなんて、考えようともしなかった。

“自分のことを好きになれない人が、相手から好かれることはない”

舞香の言葉が心に刺さる。

― そうよね。自分で自分を好きだと即答できる、そんな自分でいなくちゃ。

恒也のことは思い出にしまって、自分の好きな自分のまま、生きていこう。

きっと、受け入れてくれる人はどこかにいる。

一世一代の告白に失敗してズブ濡れになっていたというのに、奈緒は前向きな気持ちでベッドに入る。

すべては舞香のおかげだ。

二度と会うことのないタクシー運転手だと思っていたのに、奈緒はいつかまた、彼女と再会したいと思うのだった。


▶前回:「もういい。1人で帰って」同棲中の彼女をタクシーに残して、去った彼。怒りの理由とは?

▶1話目はこちら:港区女子を辞め、運転手に転職した美女。きっかけは?

▶Next:9月30日 金曜更新予定
タクシーで言いにくい過去をカミングアウトする恋人に、男は戸惑い…。


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル