top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「“罪”を暴くのが犯人当てだとしたら、“罰”まで描けるのがリーガルミステリー」──「メフィストリーダーズクラブ」薬丸岳×五十嵐律人トークイベント

ダ・ヴィンチWeb

×

 2020年に『法廷遊戯』でメフィスト賞を受賞し、デビューを飾った五十嵐律人さん。現役弁護士でもある五十嵐さんの持ち味と言えば、法律知識を駆使した青春リーガルミステリーだ。5作目にあたる『幻告』(講談社)では、得意のリーガルミステリーに「タイムスリップ」を掛け合わせ、新たな境地を切り開いている。

あわせて読みたい:人生の岐路に立った時、楽しい道を選ぶと後悔が少ない──東海オンエア 虫眼鏡×小説家・五十嵐律人対談

 そんな五十嵐さんと、社会派ミステリーの旗手であり、今年リーガルミステリー『刑事弁護人』(講談社)を上梓した薬丸岳さんの対談が実現。書評家・大矢博子さんを司会に迎え、会員制読書クラブ「メフィストリーダーズクラブ」の会員限定で配信されたトークライブの模様をレポートする。

(文=野本由起)

「タイムスリップによる事態の変化を、裁判に集約させているのが面白い」(薬丸)

 法学部生のころから、『Aではない君と』など薬丸さんの著作を愛読していたという五十嵐さん。今回の対談も、五十嵐さんのリクエストによって実現したという。

広告の後にも続きます

 最初の話題は、五十嵐さんの新刊『幻告』について。この小説は、裁判所書記官の主人公が、過去にタイムスリップして父親の冤罪を晴らすという異色のリーガルミステリー。まず、五十嵐さんは本書について次のように紹介した。

『幻告』(五十嵐律人/講談社)

五十嵐律人さん(以下、五十嵐)「デビュー作から一貫して“リーガル×◯◯”という形で、リーガルと別のテーマを組み合わせた小説を書いてきました。5作目の『幻告』では、特殊設定、中でもタイムスリップという飛び道具と組み合わせています。

 僕は弁護士になる前、裁判所で働いていた時期があります。自分が見てきたもの、裁判官の働き方、裁判官が抱える苦悩を組み合わせれば、今の自分にしか書けない新しいリーガルミステリーを書けるはず。そこで、タイムスリップによって過去に下した裁判の判決を書き換えていき、現在を変え、最善の未来をたどっていく小説を考えていきました」

 弁護士や検察官、裁判官ではなく、裁判所書記官を主人公にした理由についてはこう語る。

五十嵐「最初は裁判官を主人公にしようかと思いましたが、裁判官は公平中立でなければなりません。弁護人にも検察官にも肩入れすることができないため、探偵として事件に介入するのが難しい職業なんです。そこで、思い浮かんだのが裁判所書記官でした。

 裁判所書記官は、プレーヤーである弁護人と検察官、判決を下す裁判官の間をつなぐ存在です。事件の真相を探る視点人物として、非常に適していると思いました。しかも僕は、刑事部の裁判所書記官として1年間働いた経験があります。50~60件の刑事裁判に立ち会い、いろいろな被告人、弁護人、検察官を見てきたので、その経験も生かせると考えました」

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル