top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

殺人事件の冤罪被害者が“人生を逆転させていく”12年を追う ドキュメンタリー映画『オレの記念日』公開が決定

SPICE

『オレの記念日』国家賠償裁判 勝訴時の桜井昌司さんら (C)Kimoon Film


ドキュメンタリー映画『オレの記念日』が10月8日(土)東京・ポレポレ東中野を皮切りに、全国順次公開されることがわかった。

『オレの記念日』は、冤罪により殺人犯とされ、無期懲役判決を受けて29年間獄中で過ごした桜井昌司さんの姿を追ったドキュメンタリー映画。 桜井昌司さんは、1967年8月に茨城県利根町布川で発生した強盗殺人事件、通称“布川事件”で逮捕され、長時間に及ぶ取り調べの末に虚偽の自白をさせられ、物証がないまま検察に起訴された。1978年無期懲役判決が確定し、29年の獄中生活を経て仮出獄。2009年12月再審開始が決定し、2011年5月24日に無罪が確定している。その後、桜井さんは2021年には勝てないと言われ続けた国家賠償裁判での完全勝利など、次々に人生を逆転させていく。2019年には末期ガンにより「余命1年」と宣告されたが、食事療法などを続け、現在も精力的に全国を駆け巡っている。

『オレの記念日』では、『SAYAMA みえない手錠をはずすまで』『袴田巖 夢の間の世の中』『獄友』などで冤罪被害者を被写体に描き続けてきた金聖雄監督が、桜井さんの姿を12年間にわたって追っている。作中では、不幸を喜びに変える桜井さんの“超ポジティブな生き方”が映し出されているという。

(C)Kimoon Film


広告の後にも続きます

(C)Kimoon Film


(C)Kimoon Film


(C)Kimoon Film


金聖雄監督のコメントは以下のとおり。

金聖雄(監督)

金聖雄監督


魔法の言葉

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル