top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【映画批評】『犬も食わねどチャーリーは笑う』は惜しい…! 香取慎吾がダメ夫になって「旦那デスノート」に書き込まれます

Pouch[ポーチ]

×

【映画批評】『犬も食わねどチャーリーは笑う』は惜しい…! 香取慎吾がダメ夫になって「旦那デスノート」に書き込まれます


【最新公開シネマ批評】映画ライター斎藤香が現在公開中の映画のなかから、オススメ作品をひとつ厳選して、本音レビューをします。

ピックアップするのは、香取慎吾さん、岸井ゆきのさん共演作『犬も食わねどチャーリーは笑う』(2022年9月23日公開)です。香取さんにとって主演映画は、『凪待ち』(2019)以来なので、ファンにとっては待ちに待った映画です。しかも今回はコメディ映画……スクリーンで弾ける香取さんを観られるなんて、幸福の極み! というわけで、試写を観せていただきました。

では物語から行ってみましょう!

【物語】

裕次郎(香取慎吾さん)と日和(岸井ゆきのさん)は、結婚4年目の仲良し夫婦! ……と思っていたのは裕次郎だけでした。

日和は夫・裕次郎に対する不満を溜めており、「旦那デスノート」というSNSに書き込みで日頃のうっぷんを晴らしていたのです。
しかし、ある出来事がきっかけで裕次郎は「旦那デスノート」を発見。ペンネームはふたりが飼っているフクロウの名前 “チャーリー” だし、身の覚えのある書き込みの内容を見て「これって俺のことじゃん!」と。

【ホノボノからいきなり毒気炸裂?】

広告の後にも続きます

可愛いラブコメかと思ったら、なかなかブラックなコメディでした!

映画冒頭では、裕次郎と日和の出会いが描かれます。

裕次郎はホームセンターに勤務していて、そこにお客さんとしてやってきたのが日和。ホノボノとした空気に包まれ、恋の予感がヒシヒシ……そして、ふたりはめでたく結婚します。

穏やかな日常、仲のいい夫婦の話から一転、「旦那デスノート」が登場し、日和の不満が雪崩のように押し寄せてきます。

「笑顔と優しい言葉の裏にこんなドス黒い感情が渦巻いていたなんて」と映画を観ているこちらもビックリですよ。

【旦那デスノートに共感しちゃう?】

日和が怒り心頭なのは、「共働きなのに裕次郎が家事を全くやらないこと」なのです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル