top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

数少ない成功例…プロ野球史上最高のFA移籍選手5人。期待通りの活躍を見せたのは?【野手編】

ベースボールチャンネル

数少ない成功例…プロ野球史上最高のFA移籍選手5人。期待通りの活躍を見せたのは?【野手編】

プロ野球最新情報

プロ野球の世界では、環境を変えることでさらなる高みを目指す選手がいる。その代表例がフリーエージェント(FA)移籍だ。今オフのFA戦線も千賀滉大(ソフトバンク)や、森友哉(西武)などに注目が集まるが、過去を振り返ると、移籍後に期待通りの働きを見せた選手はそう多くない。ここでは、新天地でも成功を収めたFA戦士5人を紹介する。【野手編】

 

今シーズンのプロ野球はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴

 

金本知憲(広島→阪神)


 
投打:右投左打
身長/体重:180センチ/88キロ
生年月日:1968年4月3日
経歴:広陵高 – 東北福祉大
ドラフト:1991年ドラフト4位
 
 金本は東北福祉大から1991年のドラフト4位で広島に入団。広島在籍時の2000年には史上7人目となるトリプルスリー(打率.315・30本・30盗塁)を達成した。その後も球界屈指の好打者として名を馳せ、“闘将”星野仙一監督(当時)から熱烈なラブコールを受け2002年オフに阪神へ移籍する。
 

 
 移籍1年目は、主に3番打者として全試合フルイニング出場を続け、チーム18年ぶりのリーグ優勝に大きく貢献。ダイエーとの日本シリーズでは、日本一とはならなかったものの、シリーズ計4本塁打と爆発し、年間を通して期待を裏切らない活躍ぶりだった。2004年には自身初タイトルとなる打点王(113打点)を獲得。翌05年は、通算300本塁打・1000打点を達成するなど記録ずくめの一年となった。
 
 その後2012年シーズンまで現役を続行。金本は「鉄人」の名の通り、骨折しても試合に出場し続け、金本の記録した「1492試合連続フルイニング出場」と「1万3686イニング連続出場」はいずれも世界記録となった。

小笠原道大(日本ハム→巨人)


 
投打:右投左打
身長/体重:178センチ/84キロ
生年月日:1973年10月25日
経歴:暁星国際高 – NTT関東
ドラフト:1996年ドラフト3位
 
 小笠原はNTT関東から1996年ドラフト3位で日本ハムに入団。在籍中に首位打者(2度)、本塁打王、打点王、最高出塁率のタイトルを獲得するなどチームの主軸として活躍。2006年のリーグ優勝と日本一を置き土産に、翌年から巨人へと活躍の場を移す。
 
 巨人では中軸として移籍初年度から、打率.313、本塁打31本、88打点と優勝したチームの中でも打ちまくり、リーグMVPを獲得した。翌年は前半戦で不調に陥ったが、夏頃から本来の調子を取り戻し、首位と最大13ゲーム離されたチームの逆転優勝に大きく貢献。結果的に小笠原は全試合出場を果たし、キャリアハイとなる36本塁打を記録している。翌09年は移籍後初となる「3割30本100打点」を記録。チームもリーグ3連覇を果たした。
 

広告の後にも続きます

 
 キャリア晩年は中日に移籍し、2015年をもって現役を引退。2011年には2000安打も達成しており、通算9度のシーズン3割30本到達は、王貞治に次ぐ歴代2位の偉業である。

和田一浩(西武→中日)


 
投打:右投右打
身長/体重:182センチ/90キロ
生年月日:1972年6月19日
経歴:県立岐阜商 – 東北福祉大 – 神戸製鋼
ドラフト:1996年ドラフト4位
 
 和田は神戸製鋼から1996年ドラフト4位で西武に捕手として入団。その打撃センスを買われ捕手から外野手に転向すると、才能を大きく開花させた。首位打者や最多安打のタイトル、在籍中5度のベストナイン受賞などを引っ提げ、2007年オフに中日へFA移籍する。
 
 2010年シーズンは2年連続となる全試合出場を果たし、打率.339、37本塁打、93打点の活躍。出塁率(.437)、長打率(.624)もリーグトップを記録し、シーズンMVPを獲得するなど、チームのリーグ優勝に主力として貢献した。ポストシーズンでも好調を維持し、クライマックスシリーズでもMVP。日本シリーズでは敗れたもの、起死回生の三塁打を放つなどの活躍で、敢闘選手賞を受賞している。
 

 
 史上最年長で通算300本塁打(41歳9カ月)、2000安打(42歳11カ月)を達成。大学・社会人を経ての2000本達成は史上3人目のことだった。遅咲きの大打者は、通算打率3割をキープしたまま、2015年をもって現役を引退している。

稲葉篤紀(ヤクルト→日本ハム)


 
投打:左投左打
身長/体重:185センチ/94キロ
生年月日:1972年8月3日
経歴:中京高 – 法政大
ドラフト:1994年ドラフト3位
 
 稲葉は、法政大から1994年のドラフト3位でヤクルトに入団。1年目からコンスタントに出場機会を得て、2年目にはレギュラーに定着。在籍中に3度のリーグ優勝・日本一に主力として貢献するなど、ヤクルトの黄金期を支えた。
 
 2005年からは日本ハムへ。同球団にFAで加入した初めての選手となった。翌06年にはチームの北海道移転後初となるリーグ優勝と日本一に主力として大きく貢献。ダイエーとのプレーオフでは、優勝を決めるサヨナラタイムリー、日本シリーズではシリーズタイ記録となる7打点を挙げ、シリーズMVPに輝くなど、要所で勝負強さを発揮した。リーグ連覇を果たした翌年には、初タイトルとなる首位打者(.334)と最多安打(176本)を獲得した。
 

 
 2012年5月4日の楽天戦で、史上39人目となる通算2000安打を達成。引退後は、侍ジャパンの監督を歴任し、第2回WBSCプレミア12、東京オリンピックで日本代表に金メダルをもたらした。

内川聖一(横浜→ソフトバンク)


 
投打:右投右打
身長/体重:184センチ/92キロ
生年月日:1982年8月4日
経歴:大分工
ドラフト:2000年ドラフト1位
 
 内川は大分工から2000年ドラフト1位で横浜に指名され入団。08年シーズンには、右打者史上最高打率(.378)を記録し首位打者に。併せて最多安打(189本)と最高出塁率(.416)も獲得し、最下位に沈んだチームの中でひとり気を吐いた。
 
 2011年からはソフトバンクに移籍。移籍初年度から首位打者(.338)を獲得するなど新天地でもその力を見せる。また、両リーグでの首位打者獲得は史上2人目のことであった。翌12年は最多安打(157本)を獲得。2018年には通算2000安打も達成している。
 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル