top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

赤ちゃん連れ去り阻止したのは、ボクシングミドル級王者の妻だった 緊迫の一部始終を自ら報告、夫は「誰も真似しないで」

J-CASTニュース

×

東京都足立区内でベビーカーから1歳男児が連れ去られそうになった事件で、それを阻止したというボクサーの妻が、報道を受けて自らの思いをツイッターにつづった。

投稿したのは、東洋太平洋ミドル級チャンピオンの竹迫司登さん(31)の妻、麻裕さんだ。

護身術を使って男を引き離し、両手を脇の下に入れて押さえ付けた

報道によると、この事件では、2022年9月21日午前11時30分ごろ、足立区内の歩道で30代の母親がベビーカーを押していたところ、40代の男が突然、ベビーカーから男児を抱きかかえて連れ出そうとした。しかし、ベビーカーのベルトが引っかかって持ち上がらず、母親が男児に覆いかぶさって抵抗し、110番通報で駆け付けた警察官が、未成年者略取未遂の現行犯で男を逮捕した。

警視庁竹の塚署の調べに対し、男は、「自分の子どもがほしかった」などと供述しているという。

連れ去りを阻止したという麻裕さんは21日、近くにいた男性2人が男を取り押さえ、別の女性が110番通報したとするフジテレビの記事をツイッターで引用し、実際は、麻裕さんが男を引き離して地面で押さえ付け、周囲にいた人たちに110番や援軍を依頼したと説明した。

広告の後にも続きます

フジテレビ系の情報番組「めざまし8」が22日、麻裕さんとみられる女性の話や入手した防犯カメラの映像を紹介している。

映像などによると、容疑者の男が歩く数十メートル後ろで母親がベビーカーを押しており、交差点で信号待ちをしていると、男と母親の間でトラブルになった。麻裕さんらしき女性も、交差点でベビーカーを押して横断歩道を渡り、途中でトラブルに気が付いて、ベビーカーを押したまま引き返していた。

最初は夫婦ゲンカだと思ったというが、母親が「助けて!」と震えた声で何度も訴えたため、引き返したという。護身術の知識を駆使して男を引き離し、後ろから両手を男の脇の下に入れるように押さえ付けた。自転車で通りがかった男性やそばの美容院にいた男性客も駆け付けて、男を取り押さえてくれたとしている。

「もし男が刃物を持っていたら、結末は違った」

連れ去り阻止について、麻裕さんはツイッターで、さらに詳しく状況を説明した。

母親の助けを求める声を受けて、自分のベビーカーを美容院前の安全なところに止め、全力で走って男に向かい、男を引き離して自分も一緒に転んだという。そのまま、男をうつ伏せに押さえ付けたが、自分の体重だけでは無理なため、周りの人に援軍を頼んだとしている。

麻裕さんは、自分は普通の女性で、格闘家の妻だから強いということはなく、もし男が刃物を持っていたら、結末は違ったと振り返った。「怖くて動けなかった人は何も悪くない」としながらも、110番などせずに写真を撮っていた人がたくさんいたとし、「この人を押さえるのを手伝って」と言ってやっと周りの人に伝わったと明かした。

「もし何か事件に遭遇したら好奇心よりも保護救助につとめてほしい。自分でどうにかできなくとも、警察を呼んだり何か手立てがないかを探してほしい。勿論証拠も大切だけど、命には変えられない」
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル