top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ちむどんどん』もう滅茶苦茶…ヒロインが育児放棄か「子育ては人任せ」

まいじつ

×

(C)Dutchmen Photography / Shutterstock

俳優の黒島結菜がヒロインを務める、NHK連続テレビ小説『ちむどんどん』第119話が9月22日に放送。相変わらずのハチャメチャ展開に、視聴者が憤慨している。

同作は1964年、まだアメリカ統治下だった沖縄の「やんばる地域」を舞台に、主人公・比嘉暢子(黒島)が、ふるさとから料理人を目指すストーリー。

【関連】『ちむどんどん』重要シーンをすっ飛ばし! 急展開に「3週くらい見逃した?」 ほか

現在の暢子は、イタリアンレストランで約7年の修業を終え、自身の沖縄料理店「ちむどんどん」をオープンさせている。

第119話では、暢子が里帰りしている比嘉家で、宴会が開かれる。そこで、暢子の妹・歌子(上白石萌歌)が歌を披露すると、決心した智(前田公輝)が公開プロポーズ。2人は見事結ばれた。

広告の後にも続きます

そして、東京へ帰る前日、暢子は夫の和彦(宮沢氷魚)に「家族3人でやんばるに移住したい」と想いを伝えるのだった。

母親要素ゼロのヒロイン・暢子

すっかり祝福ムードに包まれた今回の話だが、視聴者からは

《健彦が誕生しました。時は過ぎ一歳になり…早っ!! と思っていたら、4年が経ったと?? 無駄を省いてもっとじっくり時代を描けば良かったのに…》
《暢子、子育ては人任せの巻》
《重子や三郎の妻や歌子や更には赤の他人の男性が子供の相手してるとこしか見てない。ヒロインは健彦のことをアクセサリーとしか見てないんだろうか》
《暢子は本当に健彦君放ったらかしてんな。暢子の子育てシーンを描かない理由を知りたい》
《無料シッターさんを確保してるわ、人生イージーモードなので、暢子、全然老けてない》
《健彦、手のかからないお子さんのようで羨ましいよ。ドラマ的には健彦はただの幸せの象徴だったのね》
《智と歌子の件で4日も無理やり伸ばすより、暢子の子育てや、東京での大きくなる不満や故郷への思いの膨らみなどを見せてよ》

などの声が上がっている。

「第115話の暢子が息子・健彦を出産するシーンでは、無駄なカットや黒島の棒演技に《リアリティーがなさすぎる》と視聴者からツッコミが上がっていました。そこから数話、歌子と智の恋模様が描かれ、暢子が子育てをするシーンはあまり描かれていません。ドラマ内では健彦がすくすくと成長する様子が描かれていますが、その間も和彦の母・重子や、暢子の下宿先だった居酒屋『あまゆ』の一員である多恵が面倒を見るなど、不可解なシーンが描かれています」(テレビ誌ライター)

「ちむどんどん」は来週ついに最終回を迎える。ここから先、暢子は母親らしい一面を見せられるのだろうか…。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル