top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鉄道好きにはたまらないアイテムや40種類もの駅弁が大集合!9月21日〜23日まで鉄道開業150年記念イベント in 東京駅が開催

マガジンサミット

×

JR東京駅改札内 地下1階のイベントスペース「スクエア ゼロ」で鉄道開業150年記念イベントを9月21日〜23日まで開催。「鉄道万屋(てつどうよろずや)」と銘打ち、鉄道開業150年グッズや駅弁など150商品以上が販売されている。10月から販売する商品の先行販売・展示や復刻駅弁の先行販売などもあり鉄道ファンにはたまらないイベントとなっている。

【発売当時を再現した復刻駅弁を先行販売&10月の新商品を限定先行公開】

この3日間では10月より販売される商品を一部先行して販売および展示されるため、先取りできる貴重な機会となる。 駅弁としては大正7年当時に使用していた掛け紙の復刻版をかけた「復刻伝承鯵の押寿し(1,380円/税込)」や昭和39年10月に発売した「チキン弁当」を発売当時の内容で復刻した「復刻チキン弁当(1,150円/税込)」が先行販売され、昔ながらの味・雰囲気を楽しめる。

「朝の茶事 すっきり抹茶入り」から鉄道開業150年ラベルが登場。東日本を走る新幹線を描いた3種のラベルとなっていて、こちらも先行販売されている。

駅構内によくあるベックスコーヒーショップ。そちらのドリンク回数券の鉄道開業150年記念

広告の後にも続きます

デザインも先行発売。5杯分の価格で6杯のドリンクが楽しめる。限定ということで使うのが少しもったいなくなるデザインだ。

その他、鉄道員が携帯する鉄道時計を模した鉄道開業150年記念 オリジナル限定腕時計や、限定150本を記すシリアルナンバーが刻まれた鉄道開業150年記念オリジナル限定万年筆など先行で展示されるアイテムもある。

【今では見られない駅弁の立ち売り販売を実施】

イベントスペースには約40商品もの駅弁が大集合。100年以上のロングセラー駅弁も並び、好きなものを購入することができる。また、都内近郊などでは見られなくなった懐かしの駅弁立ち売り販売も11:00〜12:00の時間帯で実施され、子供たちにもいい経験になりそうだ。

【鉄道開業150年記念グッズなどが勢揃い】

NewDays、 GENERAL SRORE RAILYARD、トーキョーみっつでは、7月から「第1弾:機関車・客車」「第2弾:新幹線」「第3弾:特急列車」とテーマ毎に鉄道開業150年グッズを販売してきた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル