top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

=LOVE、≠ME選抜メンバーが語るプロデューサー・指原莉乃の手腕「芸能人としても、一人の女性としてもすごい」<もしコイ>

WEBザテレビジョン

×

=LOVE、≠ME選抜メンバーが語るプロデューサー・指原莉乃の手腕「芸能人としても、一人の女性としてもすごい」<もしコイ>

指原莉乃の書き下ろした歌詞をベースにしたオリジナルドラマ「もしも、この気持ちを恋と呼ぶなら…。」(深夜0:24-1:24、ABCテレビ※関西ローカル)が、9月23日(金)に放送される。

■指原莉乃の描く世界観がドラマに

同作は、指原プロデュースのアイドルグループ 「=LOVE」と「≠ME」のメンバーからオーディションによってキャストを選抜。監督を「彼女、お借りします」「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」などの今和紀、脚本を「テッパチ!」「ドラえもん」などの諸橋隼人が担当し、女子高校生たちの切なくも少し不思議な青春学園ラブストーリーを描く。

WEBザテレビジョンでは、鈴野日南役の野口衣織(=LOVE)、小峰有希役の冨田菜々風(≠ME)、森見奈緒役の佐々木舞香(=LOVE)、藤丸あおい役の蟹沢萌子(≠ME)、中瀬小夏役の川中子奈月心(≠ME)、宮部穂乃果役の諸橋沙夏(=LOVE)にインタビューを実施し、前後編で紹介。後編では、楽曲の魅力や指原への思い、今後目指すアイドル像などを聞いた。

■インタビュー後編

――楽曲の注目ポイントはどこですか?

蟹沢:≠MEの「僕たちのイマージュ」という楽曲は、夢に向かって真っすぐ進む姿を描いた楽曲で、“仲間がいるからこそ頑張れる”“一人じゃない”というメッセージが込められていると思います。

「革命の鐘が響いた」という歌詞がありますが、ドラマと合わさるとより深みが増すなと思います。=LOVEさんの「好きって、言えなかった」と一緒に聞くと、「僕たちのイマージュ」の見え方もまた変わってくると思います。

冨田:私が演じている有希ちゃんのせりふや在り方が、歌詞とリンクしている部分がたくさんあって、歌っていても有希ちゃんの姿が浮かんでくるので、早くドラマと一緒に皆さんに届けたいなと思います。

野口:=LOVEの「好きって、言えなかった」は、≠MEちゃんの「僕たちのイマージュ」とは真逆に感じます。「僕たちのイマージュ」が“仲間と一緒に”という感じだとしたら、「好きって、言えなかった」は“独り言”のような歌詞になっていて、心の中で思ったことがつづられているような歌詞がすごく切ないです。

「僕たちのイマージュ」では「君との絆」という歌詞が出てくるのですが、「好きって、言えなかった」では「絆はいらない」と言っています。それでも最後には、自分を認めてあげているような楽曲なので、儚く一瞬だけ咲いた花の終わりを見た気持ちになります。苦しいけど、そういう青春の切なさの美しさもあるよね、という楽曲になっています。



■それぞれが望むかわいらしい世界

――作中では、日南の思い通りの世界が展開していきますが、もし自分の思い通りに世界が変えられるとしたら、何をどう変えたいですか?

野口:今パッと思いついたのは、「胃袋の上限をなくす」(笑)。おいしいものを食べても、「あれも食べたかったのに!」とか「もっといっぱい食べたかったのに!」ということがよくあるので、好きなものを好きなだけ食べられるようになったら幸せだろうなぁ~と思います。

冨田:「時間が止められるように」したいです。もし止められたらライブ中ももう少し落ち着いて話せるようになるなって(笑)。それに、今しかない時間を止められたらすてきだなと思います。

川中子:私は「時間を増やしたい」と思っていて、寝る時間は10時間くらいほしいし、好きなことを思いっきりやって、やり尽くしたら勉強しようという気持ちにもなると思うので!それで勉強も頑張りたいと思います(笑)。

佐々木:「日にちを増やしたい」です。次の日お仕事だけど旅行に行きたいなというときに、すぐに休みが取れるようになったらいいのになぁと思います。

諸橋:「優しい気持ちを持っている人だけの世界」。楽しいことを考えて、争いが全くない世界になればいいのになと思います。

蟹沢:「お化けが存在しない世界」です。夜とか、暗いところとか、怖いところはいっぱいあると思うのですが、あの世この世とかお化けという概念自体がそもそもなくなれば、怖さもなくなるのになって思います(笑)。

――「『もしも』の私」というアカウントを作りつぶやく日南ですが、アイドルじゃなかったら、どんな人生を歩んでいたと思いますか?

佐々木:やりたいことが見つからず、バイトをして、ゆっくりと人生を歩むような気がします。でも、いろいろなことをやりたいなと今でも思っています。

川中子:動物が好きなので、動物のお医者さんなど、動物関係の仕事をしてみたいです。

冨田:アイドルをやっていなかったらできることがなさ過ぎて…!でも、地道な作業がすごく好きなので、工場などで一人で黙々と作業をしているかもしれないです。

野口:私は多分、流されて生きていると思うんです(笑)。高校が簿記とかパソコン検定などをやっている学校だったので、そういう検定を取ってそのままその道に進んでいたと思います。

諸橋:超高層ビルに入っている企業の受付嬢をやりたいです(笑)!それで、夜はちょっといいワインのお店を行きつけにして…みたいな、キラキラOLをやってみたいです。

蟹沢:私は、歌ったり踊ったり演技したりする以外に夢がなかったのですが、この間イベントでヒューストンに行かせていただいた際に、NASAの「ヒューストン宇宙センター」を訪れて、裏側を見たときに「宇宙ってすごいな」と思ったんです。新しく何か夢を目指すとなったら、宇宙飛行士を支える立場とか、宇宙に携わる職業がいいなと思います。

■目指すのは「自分自身もアイドルというものを愛せている状態」

――指原莉乃さんの尊敬するところを教えてください。

佐々木:指原さんは観察眼が鋭くて、人を見る目に長けていると思います。一人一人の性格などを見てアドバイスをくれたり、それで楽曲ができたりと、“いい人材を見つける目”がすごいなと思います。

川中子:いろいろな角度や考え方で、客観的に考えられるところを尊敬しています。

冨田:プロデュース力がすごいと思っています。メンバーの髪型とかにもアドバイスをくれるんです。私はずっと髪を切りたくて3年ほど戦っているのですが(笑)、「ロングがいいと思うよ」と言われて、そのようにしています。だからこそ、見ている方により魅力が伝わったり、届くものがあったりするので、「これだ!」というビジョンがはっきりしているのがかっこいいなと思います。

野口:指原さんの書く歌詞がすごく大好きで、世界観とか、色とか音とかが想像できるんです。人によって感じ方が変わる七変化する歌詞が本当に大好きで、一回指原さんになってみたいです。指原さんから見える景色とか感情とか、言葉をつむぐときの気持ちに興味があります。大好きです。

諸橋:生き方がすごくすてきだなと思っていて、最初はいじられキャラだったのに、今や皆さんがたたえる存在になっていますよね。そこには指原さんの計り知れない努力があったと思うのですが、そこまで行けたことが、芸能人としても、一人の女性としてもすごいなと思います。

蟹沢:どの分野でもプロフェッショナルとしてご活躍されているのがすごいなと思っています。MCや、私たちアイドルのプロデュース、作詞、美容など、どの分野でも大きな存在感を放っていて、人柄もすごく温かくて、優しい言葉をメンバーみんなに掛けてくださるので、プロデューサーとしても人としてもたくさん尊敬しています。

――今後目指すアイドル像や、目標があればお聞かせください。

佐々木:まずは、今を楽しんで生きようというのが前提にあります。今はアイドルも多種多様ですが、理想的というよりは、なるべく身近に感じてもらえたらいいなと思うので、そういうふうにこれからも活動していきたいです。

川中子:歌とかダンスがすごく好きで、パフォーマンスを頑張ろうと思ってやってきたのですが、最近は“アイドル力”を高めたいなという意識があって、歌やダンス以外にも、かわいさを磨いていきたいなと思っています。

冨田:ステージ上では、誰も手が届かないくらいかっこいい存在でありたいなと思っていて、ステージ上にいる私を見たときに、「この子は何か違うぞ」と感じてもらえるような存在になれたらいいなと思います。

野口:私の周りのみんなが楽しいと思えて、私自身も楽しいと思える関係性を、皆さんと築いていけたらいいなと思います。

諸橋:最近、=LOVEはおしゃれな楽曲が多くなってきたので、かわいさよりも、皆さんに憧れられるおしゃれなグループに成長していけたらいいなと思っています。

蟹沢:自分の理想はいろいろと考えたりはするのですが、見た人に、自分が思っている像と同じように受け取ってもらえたときが理想を実現できたときなのかなと思うので、自分の中で描いている像に自分の能力を近づけられるようにしたいです。

また、リーダーをさせていただいている中で、メンバーもファンの方も幸せで、自分自身もアイドルというものを愛せている状態が一番だなと最近とても感じるので、これからも努力を怠らず頑張っていきたいと思います。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル