top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

岡田准一、坂口健太郎との相性は「本当は25パー(セント)くらい」

WEBザテレビジョン

×

岡田准一、坂口健太郎との相性は「本当は25パー(セント)くらい」

俳優の岡田准一が9月22日、都内にて開催された映画「ヘルドッグス」公開御礼舞台あいさつイベントに、坂口健太郎、原田眞人監督と共に出席。劇中で98パーセントの相性抜群コンビを演じる岡田と坂口が、実際に本人同士の相性診断をすると「本当は25パー(セント)くらい」と低い結果になることを明かした。

■岡田准一、本作品について「間違ってもデートでくんじゃねえぞ」

映画を見た観客からの「デートにちょうどいい、学校帰りに友達と見るのにちょうどいい、といった“コミュニケーションツールにちょうどいい映画”であることを拒否した作品」という反響が紹介されると、岡田は「『間違ってもデートでくんじゃねえぞ』という映画になっていると思います」と納得。

一方、原田監督は「デートムービーでもいいんじゃないかな(笑)」と応じ、「語り合いたくなる、相手の本質を見極めたくなるところがあると思う。ぜひ『この男どうかな』とか、『この彼女どうかな』と思っている人は、二人で行ってみて、どういう反応をするのかっていう。相手をチェックするためにすごくいいと思う」と同作を通して気になる相手の本質を知ることができるのではないかと提案していた。

また岡田は、普段、岡田の出演する映画に話をしてくることはない知人が「今、岡田さんは犬の映画をやっているらしい」と言っていたと、別の友人から聞いたそう。「(友人に)『言われていましたよ』って言われたので、『怖い犬の話です』って言ったんですけど、その説明ちょっと間違っていたかなって反省しています」と苦笑した。

■実際の2人の相性は“25%”くらい…

さらに、劇中で相性98パーセントのコンビを演じる岡田と坂口に、「足りない2パーセントはなにか」と観客から質問が寄せられると、岡田は「その2パーセントは最後(のシーン)だったのかな」とラストシーンでの表現に含まれるのではと分析。

坂口が「岡田さんとよく、宣伝をしていただく時とかに、相性診断みたいなことをよくやっているんですけど、すっごい低いんですよね(笑)」と実際の二人が相性を診断した時の結果に言及すると、岡田も「本当は25パー(セント)くらい(笑)。相性診断合わないよね」と笑っていた。

映画「ヘルドッグス」は、大ヒット公開中。
配給:東映/ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
(C)2022「ヘルドッグス」製作委員会

◆取材・文=山田健史

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル