top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

香取慎吾「結構“いい男”の僕からすると本当にダメ!」3年ぶり映画で演じた“ダメなヤツ”をバッサリ

WEBザテレビジョン

×

香取慎吾「結構“いい男”の僕からすると本当にダメ!」3年ぶり映画で演じた“ダメなヤツ”をバッサリ

香取慎吾が、「凪待ち」(2019年)以来約3年ぶりに映画出演を果たす。9月23日(金)公開の「犬も食わねどチャーリーは笑う」で香取が演じるのは、本人も「本当にダメ!」と言うほどの平凡で情けない男だ。

■「ちょっと腹を立てながら演じました」演じるのは平凡なダメ夫

――今回「犬も食わねどチャーリーは笑う」で演じた裕次郎は、どのような人物ですか?

香取:裕次郎は今まで演じてきた役の中で一番自然体で、どこにでもいるような人物。ただ、めちゃくちゃダメなヤツなんです。そこそこ仕事はできるし、仕事場での人間関係もちゃんとしているふうに見せているけど、その感じも浅い(笑)。後輩から慕われているふうにしていても、そこまで慕われてないし…。実は素の香取慎吾って結構いい男なんですよ(笑)。その僕からすると本当にダメ。ちょっと腹を立てながら演じました。いろんなことを取り繕っているから、ちょっと掘って、はがしてみてやっと愛すべき男になっていく感じですね。きっと裕次郎は生きるのが下手なんだと思います。だから、最初は見ていてイライラするところが多いかも。いい芝居したなって思います(笑)。

■“薄っぺらい夫婦”が新鮮「笑顔のシーンこそ恐怖を感じました」

――作中では、岸井ゆきのさん演じる妻・日和がSNS“旦那デスノート”に裕次郎への本音をつぶやいていたことから、夫婦の譲れないバトルが勃発してしまいます。

香取:台本を読んでまず感じたのは、この夫婦の薄っぺらさというか…。普通、お互いのことを気に掛けていくのに、そういうことは全くない夫婦なんですよ。で、こんなことが発覚したのに2人で笑顔のシーンがたくさんある。それがリアルなのかもしれないけど、寂しいし、笑顔のシーンこそ恐怖を感じました。そういう意味では、日和はSNSに気持ちをぶつけているだけ素直なのかもしれませんね。僕は人とのつながりが深い方なので、この2人の感覚が余計分からなかったです。ある意味、新鮮でした。

――市井昌秀監督は、草なぎ剛さん主演の「台風家族」も手掛けられています。撮影はいかがでしたか?

香取:監督はこだわるところはすごく強く持っている感じ。夫婦ゲンカのシーンも、普通だと感情的になって盛り上がったり、その後、落ち込んだり抱き合ったりしますが、今回はそういうのもない。演じている側からしてみれば、もっと感情的にしてもいいんじゃない?と思いましたけど、それが監督らしさなのかも。派手な演出をするのではなく、サクサク進んでいく感じがリアルで。だからこそ、ちょっと怖いしツラいかな。もちろん面白くはあるんですけどね。

――最後に、映画の公開に向けてメッセージをお願いします!

香取:僕自身、今回の映画のような、そこにある日常を描いた作品が実は好きで。街を見ていても、道行く人みんなに映画みたいなストーリーがあるんじゃないかって思うんですよ。そういう意味では、すごく直球ド真ん中で好きな作品でした。普通の人たちなのに、そこには深くて濃くて、ちょっと怖い物語がありますから。ちなみにこの作品、撮影が終わるまでタイトルが決まってなかったんですよ。あんまりない経験だったので、それも面白かったです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル