top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

9歳息子と一緒に「確定申告」 親子でNFTアーティストとして活動する草野絵美が起こした「新星ギャルバース」の魅力

ABEMA TIMES

×

「私自身は本当に器用貧乏なんです。一つのことを極められない自分をコンプレックスに思っていました。しかし、NFTに出会ってからはそんな私の“多動力”みたいなものが良い形で発揮されています」

「(NFT)で私が楽しいと思うことは、才能がある方と一緒にお仕事できることが一番の喜びです」

【映像】“売り上げ世界一“  NFT「新星ギャルバース」とは

こう話すのは、いま「NFTアーティスト」として注目を集める草野絵美氏。株式会社「Fictionera(フィクショネラ)」代表で、東京藝術大学で非常勤講師もする傍ら、共同で創業したNFTプロジェクト「新星ギャルバース」を発表後、24時間の取引総額で世界一を達成した。

また、草野さん本人は2児の母でもあり、9歳の長男は「Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)」という名義でNFTアーティストとして活動。作品が“数百万円”で流通するなど、NFT業界で話題になっていた。

広告の後にも続きます

 ニュース番組『ABEMAヒルズ』は、そんな「NFTアーティスト」して親子で活躍する草野絵美氏にNFTの魅力や乱立するNFTプロジェクトについてどう見るかなど、話を聞いた。

■日本とフランス、NFTに対する考え方の違い

徳永:先週、フランスでのNFTイベントにも登壇されたそうですね。そこでパリの国立公文書館に展示されたNFTをご覧になったとお聞きしました。どうでしたか?

草野:フランスの国立公文書館でナポレオンの時代からあった博物館にアールデコの家具と一緒にメタバースの家具が飾られているんですよ。国もNFTに関してちゃんとお金を出して理解を深めようとしているのだと思います。歴史ある空間で未来的なモノに触れるというのが非常に心を揺さぶられました。

徳永:日本の場合はまだまだNFTの世界は身近ではないと思うのですが、フランスはどうでしたか?

草野:フランスでもNFT人口は少なくて、身近じゃない方が多いです。ただ、NFTアートに関して、日本では「どうビジネスに活かせるか」といった感覚だったんですが、フランスは「NFTアートを自分のギャラリーでも活用できないかな」と話していて、日本やアメリカよりは“ビジネス色”は少なかった印象です。

■“売り上げ世界一” NFT「新星ギャルバース」の魅力

徳永:草野さんが共同で立ち上げ、成功に至った「新星ギャルバース」とは、どんなNFTプロジェクトなのでしょうか?

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル