top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

懸賞金“最高1000万円” 盛岡城の資料を市が望む!

ABEMA TIMES

×

 盛岡城を復元するために、市が資料を求めている。盛岡城の資料提供で、懸賞金“最高1000万円”がかけられている。

【映像】盛岡城の写真(明治初期に撮影)

 明治初期に撮影された盛岡城の写真では、天守と二階櫓の姿が確認でき、在りし日の盛岡城をとらえた唯一確認されている写真だという。盛岡城は明治維新後に石垣を残して壊され、1枚の写真以外に資料はほとんど残っていないそうだ。

 そして盛岡市は去年、約300年ぶりに始まった石垣の修復工事を機に、盛岡城の復元を模索しはじめた。しかし肝心の元の姿が分からないため9月から、最高1000万円の懸賞金をかけ写真や図面など、城内の建物のつくりが分かる資料の提供を呼びかけている。

 盛岡市の盛岡城復元調査推進室・菊池祥宏さんは「意外と身近に盛岡城に関係する資料が眠っているかもしれませんので、ご自宅とか探してもし何か気になるものがあればこちらの方に情報提供いただければと思います」と呼びかけている。

広告の後にも続きます

 募集期間は来年3月末までで、21日時点では14件ほどの問い合わせがあったという。(『ABEMAヒルズ』より)

TOPICS

ジャンル