top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“指輪”の誕生にヌーメノールの繁栄と崩壊…サウロンの動向で予想する「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」の展望

MOVIE WALKER PRESS

×

“指輪”の誕生にヌーメノールの繁栄と崩壊…サウロンの動向で予想する「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」の展望

ベストセラー作家、J・R・R・トールキンが生みだした「指輪物語」と「ホビットの冒険」。長きにわたって愛され続けるこれらの傑作ファンタジーは、鬼才、ピーター・ジャクソン監督によって「ロード・オブ・ザ・リング」&「ホビット」三部作として映画化もされたが、実はそこで描かれる物語はトールキンによって創造された叙事詩のほんの一部でしかない。天地創造からエルフや人間、ドワーフら様々な種族の誕生、善と悪との壮絶な戦いの数々など、何千、何万年にもおよぶ歴史が紡がれている。

Amazon Prime Videoで配信開始になった「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」は、この世界における“第ニ紀”と呼ばれる時代を映像化したドラマシリーズ。現時点で配信されたのはエピソード4までで先読みも難しいが、シリーズにおける重要キャラクターであり、物語の舞台である“中つ国”を暗黒で包み込む“冥王”サウロンにフォーカスすることで、ドラマ版の今後の展開について考察してみたい。

■炎の目のような象徴的な姿で描かれていた「ロード・オブ・ザ・リング」三部作のサウロン

まずは、サウロンについて映画版での描かれた方を振り返っておきたい。世界を統べる“一つの指輪”を生みだし、その力を使って中つ国での勢力を拡大させていたサウロン。第1作『ロード・オブ・ザ・リング 旅の仲間』(01)の冒頭には、冥王が率いる闇の軍勢に対し、人間とエルフの連合軍が立ち向かった“最後の同盟の戦い”が描かれている。戦局を優位に進める連合軍の前に、黒い甲冑を纏ったサウロンが登場。巨大なメイスで兵士たちを吹き飛ばし、人間の王であるエレンディルも打ち倒す。しかしその時、死んだ王の折れた剣を手に取った王子、イシルドゥルによって、指輪をはめた指を切り取られ、力を失ったサウロンは消滅し、闇の軍勢も崩壊することに。

ところが、サウロンの邪悪な魂は指輪の中に息づいており、イシルドゥルが指輪を破壊しなかったために悪が完全に滅びることはなかった。それから約3000年の間に、指輪はのちに討ち死にしたイシルドゥルの元を離れ、ゴラムから13人のドワーフと冒険に出ていたホビット族のビルボ、彼の養子のフロドへと持ち主が移っていく。その間にもサウロンは、少しずつ力を取り戻しながらモルドールで軍備を増強し、“指輪の幽鬼”ナズグルに命じて本格的に指輪の捜索に乗りだしていく。劇中での冥王は、三部作全編にわたって炎に縁取られたまぶたのない目のような姿で描かれ、白の魔法使いであるサルマンも味方に引き入れるなど、中つ国を再び恐怖で支配しようと配下の者を使って暗躍していた。

■“ネクロマンサー”と呼ばれていた「ホビット」三部作でのサウロン

「ホビット」三部作には、徐々に力を取り戻しつつあるサウロンが登場し、正体を隠して“ネクロマンサー”と呼ばれている。ドル・グルドゥアの廃墟に潜んで軍を組織し、オークの首領であるアゾグを使って自由の民への攻撃を行おうとしていた。本作でも形ある存在ではなく、黒い霧や炎のような姿で描かれており、怪しい動きを察知してやって来た灰色の魔法使い、ガンダルフをその強大な力で圧倒している。ちなみに、劇場公開版に未公開シーンを加えて再編集した“エクステンデッド版”には、故郷を追われたドワーフたちのリーダー、トーリンの父であるスラインをドル・グルドゥアに幽閉しており、ガンダルフと脱出しようとする彼を取り込んでしまうシーンも確認できる。

■最初の冥王モルゴスが滅んだのち、その副官だったサウロンが台頭していく物語

「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」の舞台となる第ニ紀とは、原典によるとヴァラール(全能神イルーヴァタールによって創造され、中つ国を含む世界の管理を任された上級精霊のような存在)の助力を得たエルフたちが最初の冥王であるモルゴスの軍勢を“怒りの戦い”で滅ぼしたのち、サウロンが新たな冥王として君臨。これをエルフと人間が手を組んだ最後の同盟の戦いによって打ち倒すまでの約3400年間を指している。

もともとサウロンはマイアールと呼ばれるヴァラールに仕える精霊のような存在だったが(ガンダルフ、サルマンらイスタリもマイアールの一種)、モルゴスの誘惑によって堕落し(モルゴスも元々はヴァラールだった)、その副官としてあらゆる残虐な行為を行ってきた。その悪行の一つとして、ガラドリエル(モーフィッド・クラーク)の兄、フィンロド(ウィル・フレッチャー)を殺害したこともドラマのなかで触れられている。また、この頃のサウロンは自身の姿形を自由に変える能力を持ち、「ロード・オブ・ザ・リング」や「ホビット」とは異なり、美しく立派な容姿をとることもできたという。

ドラマ版のエピソード1では、モルゴスが倒れたことで世界は平和になり、行方知れずとなったサウロンの存在も示唆されているものの、エルフたちは大きな危険はないという見方をしている。一方で、若き戦士のガラドリエルは兄の敵討ちのため、執拗にサウロンを追い続けており、ヴァラールやマイアールが暮らすエルフたちの故郷ヴァリノールへの帰還を許されて一度は大海を渡るも、迎えられる寸前のところで己の信念を貫くために海へ飛び込む姿が描かれていた。

シーズン1は全8話で構成され、すでにシーズン2の製作も決定しているほか、ショーランナーのパトリック・マッケイとJ・D・ペインによるとシーズン4~5の構想もあるそう。今回、第ニ紀のどこまでが映像化されるかはまだまだ見えてこないが、原典におけるサウロンの動向からドラマシリーズで描かれるであろう今後の注目ポイントを押さえていきたい。

■ケレブリンボールに近づき、“力の指輪”を制作させる

サウロンが行った最も重大な計画で、何千年にもわたって中つ国に悪が蔓延る原因となったのが、タイトルにもなっている“力の指輪”の制作。中つ国に暮らす自由の民を自身の支配下に置こうと画策したサウロンは、アナンタールという偽名を使って、エルフの鍛冶職人の国エレギオンの領主で、高名な金銀細工師でもあるケレブリンボール(チャールズ・エドワーズ)に接近する。ケレブリンボールは人間の“九つの指輪”、ドワーフの“七つの指輪”、エルフの“三つの指輪”を作り上げるが、それは巧妙な罠だった。サウロンはすべての指輪を支配する“一つの指輪”を滅びの山で完成させており、指輪の力によって中つ国への支配力を増大させてしまうのだ。

ドラマ版では、エルフの上級王ギル=ガラド(ベンジャミン・ウォーカー)の命で、若い高官のエルロンド(ロバート・アラマヨ)がケレブリンボールのもとを訪問。彼は塔のような鍜治場を建てようとしているのだが、この時点で彼がサウロンから指輪制作の依頼を受けているのかはわからない。ちなみにこのシーンでは、かつてモルゴスを魅了し、世界を荒廃される原因となった宝玉シルマリルを作った祖父フェアノールへの羨望の気持ちをケレブリンボールが吐露しており、のちにその想いが(おもに悪いほうへ)実現されることになると考えるとなんとも皮肉なこと。

■エルフへの忠義を失ったヌーメノールの人たちを内から滅ぼす

次に紹介したいのが、エピソード3でガラドリエルが訪れた島国ヌーメノールについて。ヌーメノールとは、モルゴスとの戦いでエルフたちの側になって戦った人間族にヴァラールが報償として与えた国で、人間として生きる道を選んだエルロンドの双子の兄、エルロスが最初の王となり、“至福の国”と呼ばれる大陸アマン(ヴァリノールはこの大陸の東部にある国)との交易で、隆盛を極めてきた。

サウロンはヌーメノールとも衝突することになるが、最後の王アル=ファラゾーン(トリスタン・グラヴェル)の大艦隊を前に戦意喪失し、自ら捕虜として投降する道を選ぶ。しかし、当時のヌーメノールはヴァラールやエルフを敵視する王党派とそれに反対する節士派に分断されており、サウロンは堕落したヌーメノール人の死を恐れる気持ちにつけ込み、アマンに侵攻すれば不死の命が手に入ると王に甘言。その言葉を信じたアル=ファラゾーンは大軍を率いてアマンを攻めるが、この行為がヴァラールの怒りに触れることになり、イルーヴァタールによって世界は球形に作り変えられ、アル=ファラゾーンと彼の軍勢は滅び、ヌーメノールも海底へと沈んでしまう。この時、サウロンも一緒に沈んでしまうのだが、肉体を失いながらも中つ国に戻っている。

ドラマ版でも、すでにエルフとの交易は途絶えており、ガラドリエルを敵視しているほか、よそ者のハルブランド(チャーリー・ヴィッカーズ)を見下すなど、ヌーメノールの人々が傲慢になり、国として繁栄しつつも少しずつ崩壊に向かっている様子が見て取れる。そして、この頃のヌーメノールを収めているのは摂政女王ミーリエル(シンシア・アダイ=ロビンソン)なのだが、パランティールによって国が海に沈む未来を目の当たりにしており、そのことが彼女を苦しめ、判断を鈍らせているようだった。ちなみに、ミーリエルの補佐役を務める執政のファラゾーン(王位を意味する“アル=”はまだ付いていない)は、のちに彼女と強引に結婚して王位を手にすることになるので、今後はドロドロした王位継承権争いも展開されそう。

また、ヌーメノールの海洋警備隊の船長で、ガラドリエルにも協力的なエレンディル(ロイド・オーウェン)は、国の崩壊を生き延び、息子のイシルドゥル(マキシム・バルドリー)と仲間たちを率いて中つ国へ渡ることになる。彼らはこの地でゴンドールとアルノールという王国を建国し、再び勢力を拡大するサウロンとも戦いを繰り広げることに。そしてその偉大な血脈は、「ロード・オブ・ザ・リング」で己の宿命に苦悩するアラゴルンの物語へと繋がっていく。

■かつてモルゴスに協力した南方国の出身、ハルブランドに待ち受ける運命はいかに?

このほか、中つ国の南方ではオークたちが“アダル”という謎の存在の指示で、捕らえた人間やエルフを労働力に地面を掘り進めていた。エピソード4でアダルがその姿を現したものの、何者なのかはわからないまま。しかし、ガラドリエルがヌーメノールで見つけた古い地図に記された地形からも、サウロンの命でこの地に闇の軍勢の拠点となるモルドールを作ろうとしていると考えるのが自然だろう。

南方国という点では、ドラマオリジナルキャラクターであるハルブランドにも注目したい。国をオークに滅ぼされ、漂流者として海を流れていた彼は、国王の印が刻まれた首飾りを身に着けていた。出自についてはまだまだ謎が多いが、自身がかつてモルゴスに与した一族の血を引いていることを呪っており、立場は違えど、そのキャラクター像はアラゴルンにも通じるところがある。一方で、海で巨大なワームに襲われた際には一緒に漂流していた人たちを見捨て、執拗に絡んでくるヌーメノール人を怒りに任せて暴力で組み伏せるなど、彼の内に潜む“闇”が見え隠れしているのも気になるところだ。

■モリアの地中深くで眠るバルログは目覚めるのか?

最後にピックアップしたいのが、ケレブリンボールの鍛冶場を建設するため、エルロンドが友人であるドワーフのドゥリン四世(オウェイン・アーサー)に協力を求めて訪れた、霧ふり山脈の地下王国モリアについて。モリアと言えば、「ロード・オブ・ザ・リング」の時にはすでに廃墟となっていたが、本作では豪華絢爛な大都市としての姿を拝むことができる。

しかしこの場所には、かつてモルゴス配下として猛威を振るったバルログの生き残りが眠っている。エピソード2ではドゥリン四世の父、ドゥリン三世(ピーター・マラン)が厳重に守られた箱の中身を確認していたが、エピソード4でそれがモリアで採れる貴重な金属、ミスリルであることが発覚した。この金属を求めてドワーフたちは、地中深くまで掘り進んでいくのだが、そのためにバルログを目覚めさせてしまうのだ。とはいえ、バルログが目覚めるのは第三紀、ドゥリン六世の時代に入ってからのはず。だが、予告編ではその姿が確認できる。さらに、ドゥリン三世はドワーフの七つの指輪を手にした最初の人物でもある(この指輪は子孫であるトーリンの祖父、スロール、スラインへと受け継がれていく)ので、ドワーフたちに訪れるこれらの出来事をドラマ版ではどのように扱っていくのかにも興味を惹かれる。

配信ドラマとは思えない圧倒的なクオリティで展開される「ロード・オブ・ザ・リング:力の指輪」。映像だけでなく、衣裳やアイテム、建造物へのこだわりもすさまじく、本当に中つ国という世界が存在し、そこにエルフや人間、ドワーフといった種族が暮らしているのでは?と思わせてくれる。中つ国の人々がどのような運命を辿っていくのか、今後の展開を楽しみに見守りたい。

文/平尾嘉浩

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル