top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【Bリーグ注目の移籍選手】宇都宮ブレックス/ジュリアン・マブンガ「優勝するためにここに来た」

バスケットボールキング

【Bリーグ注目の移籍選手】宇都宮ブレックス/ジュリアン・マブンガ「優勝するためにここに来た」

 9月29日に7年目の開幕を迎えるBリーグ。今オフも各クラブが積極的に補強を行い、多くの選手が新天地へと移った。

 ビッグネームの移籍も目立ったなか、注目の移籍選手として挙げられるのが富山グラウジーズから宇都宮ブレックスへ移籍したジュリアン・マブンガだ。2015年から日本で活躍し、2020-21シーズンにはベスト5へ選出されたBリーグ屈指のオールラウンダーはなぜ移籍を選んだのか。その胸中に迫った。

インタビュー・文=岡本亮
取材日=2022年9月15日
※インタビューはリモートで実施

――まずは昨シーズンについて聞かせてください。チームとしては24勝35敗、個人としてはBリーグ開幕以降最低となる平均14.7得点という結果に終わりましたが、どんなシーズンでしたか?
マブンガ 昨シーズンはいろいろな意味で難しいシーズンでした。まずは自分のコンディションが良くない時期があり、そしてその前のシーズンで主力だった日本人選手が移籍し、相手チームが自分にフォーカスする状況が多くありました。自分が常にチームを引っ張らなければいけない状況だったので、そういった意味でなかなか難しいシーズンだったと思います。

――そんなシーズンを終えて、宇都宮ブレックスへの移籍を決断されました。移籍の決め手を教えてください。
マブンガ 勝つために来た、というのが最大の理由です。ブレックスが昨シーズン優勝したのは周知の事実ですが、このチームに自分がしっかりフィットできると思っています。

広告の後にも続きます

 周りには私とチームのフィットに関してネガティブなコメントをする人もいますが、どんなチームでもフィットできると感じています。得点面はまったく問題ないと思っていますし、チームワークをしっかりと築いていければと思います。このチームで勝つために来たというのが一番大きな理由です。

――とはいえ、富山ではチャンピオンシップへ出場し、ベスト5に選ばれるなどいい時間を過ごしていた印象です。富山を離れるという決断は難しくなかったですか?
マブンガ その問いに対してはイエスの部分もあるし、ノーの部分もあります。キャリアを長く続けてきてベテランの域に入ってきましたが、富山では得点、リバウンド、ディフェンスとすべてをやらないといけない、常に引っ張らないといけない状況が続いていました。

 バスケットボールの歴史を振り返っても、キャリアが長くなっていくにつれ少しずつ役割が減っていくのは自然な流れです。ブレックスはとてもバランスが取れていて、誰かが常に走って点を取らなければいけないという状況ではありません。これまでのキャリアで個人的な成績は達成してきたので、あとはチームとして優勝したい。それがやり残したことなので、優勝するためにブレックスへ来ました。

――宇都宮とは6年間対戦してきましたが、どんな印象を持っていましたか?
マブンガ 一番の印象としては、タフで難しい相手。Bリーグが開幕してからスタンダードをキープしていますし、すごく難しい相手という印象です。あとはファンのサポートが素晴らしく、すごく熱い印象もあります。

 自分のキャリアにおいてブレックスのホームで勝った記憶は1度しかないので、それくらいファンのサポートが熱くて勝つのが難しい相手だと思っていました。今年は味方としてサポートしていただけることをすごくうれしく思っています。

――宇都宮のファンはすごく熱い方が多く、ブレックスアリーナでは圧を感じていたと思いますが、実際にプレーしていてプレッシャーは大きかったですか?
マブンガ そうですね。プレーヤーとして会場に来た時もそうですし、2年前にブレックスアリーナで開催されたチャンピオンシップに観客として来た時もすごく圧を感じました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル