top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

野菜博士・緒方湊くんに聞く!意外と知らない「なす」のおいしい部分はどこ⁉︎

クックパッドニュース

×

野菜博士・緒方湊くんに聞く!意外と知らない「なす」のおいしい部分はどこ⁉︎

夏から秋にかけて旬を迎える「なす」。これからの時期のなすは「秋なす」とよばれ、夏のナスに比べると小ぶりですが、皮が柔らかく水分を多く含むので、揚げ浸しや煮浸し、なすの唐揚げ、なすメンチなどにして食べるとおいしいですよ!

そんな「なす」ですが、実はヘタの下もおいしいって知っていましたか? 今回は、毎年おうちでなすの栽培をしているという野菜博士の緒方湊くんに「なすのおいしい食べ方」、そして「一目でわかるおいしいなすの選び方」や「保存法」について話を聞いてみました。

ヘタの切り方がポイント


なすを調理するとき、ついヘタの部分を実ごと切り落としてしまいがちですが、これは実ににもったいないことなんです。なすはヘタの下に甘みとうまみが詰まっています!そのため、調理するときはささがきの要領でヘタをとるか、ヘタごと縦に4つ割にしましょう。


本当はヘタも食べられます!

じつは、ヘタは硬い部分だけを切れば、ヘタの下も食べることができます。ヘタがあり、太陽に当たっていないので白いままの部分は、アクもなく甘みもある部分です。

広告の後にも続きます


「なす」を選ぶときはヘタ下に注目


なすを選ぶときに注目すべきポイントは「ヘタの下」です。先ほど、なすはヘタの下に甘味とうまみが詰まっているとお話ししましたが、この部分が白いほど鮮度が高いという証拠なんです。白い部分が5ミリほどあるものが新鮮。時間がたつにつれて紫色になっていきます。


なすの皮の紫色はアントシアニン色素によるもの。なすから抽出される色素はナスニンと呼ばれ、日光にあたることで生成されます。例えば、朝に収穫したなすは夜に成長したヘタの下の部分は白いまま。その後、日光やスーパーの照明などにあたって紫色になっていきます。ヘタ切り口が茶色く、中心に盛り上がったなすは収穫後時間がたっているサインです。

なすは寒さに弱い!?保存の仕方に要注意


なすはインド原産の野菜なので、寒いのが苦手です。保存温度が5℃以下になると身が縮み、果肉が黒く変色し、硬くなりうまみが低下します。また、冷蔵庫の冷気に当たると水分が蒸発し、早くしなびてしまいます。かといって野菜室に入れても温度が低すぎてしまい、乾燥して水分がなくなりやすいのでシワシワになってしまいます。ナスを切った時に、種が黒くなっているものや実の部分が少し茶色くなっている場合は、劣化が始まっている証拠なので早めに食べましょう。

長持ちさせる保存法

水分が飛ばないようにナスを1本ずつキッチンペーパーや新聞紙で包み、ポリ袋に入れて野菜室で保存しましょう。保存期間は1週間程度です。

※一般的な冷蔵室:約2~5℃ 野菜室:約3~7℃で設定

ぜひいろいろなナスを食べてみてください!


  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル