top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Razerから新たなゲーミングヘッドセット 「Barracuda X(with Bluetooth)」「BlackShark V2 X USB」の2機種が発売

Real Sound

×
Razerから新たなゲーミングヘッドセット2種類が発売

 ゲーマー向けライフスタイルにおける世界のリーディングブランドのRazer(TM)は、ゲーミングヘッドセット「Razer Barracuda X(with Bluetooth)」(以下 Barracuda X)および「Razer BlackShark V2 X USB」(以下 BlackShark V2 X)を販売することを発表した。

【画像】Razer BlackShark V2 X USB 使用イメージ

 「Barracuda X」は2021年7月に発売の前モデルから接続方式などが進化したアップグレードモデルで、目玉は上位モデルに搭載されていた接続方式「Razer SmartSwitch Dual Wireless」が採用されていることだ。

 Bluetoothでの接続に新たに対応し、タップ操作で2.4GHzへと接続方式を切り替えることができる。また、重量や大きさはそのままにバッテリーの連続使用時間も最大50時間と大幅に改善、便利なUSB-Cによる充電で、一日中外出先でのゲームプレイや音楽鑑賞も可能となっている。

 さらに、Razer(TM)TriForce 40mm ドライバーの再現性の高いオーディオで、臨場感あふれるゲーミング体験を可能にする。高音、中音、低音のそれぞれを最適にチューニングする特許技術のオーディオドライバーは、高音域をさらに豊かに、低音域をさらにパワフルにした鮮明なサウンドを実現している。

広告の後にも続きます

「BlackShark V2 X」は「Razer BlackShark V2」シリーズの魅力はそのままに、USB-Aでの接続となりサウンドカードを内蔵。PC側のサウンドカードの処理能力に依存する通常の3.5mmのオーディオ端子での接続と比べ、安定した接続とクリアな音声を実現している。

 特許取得済みの「Razer(TM)TriForce 50mm チタンドライバー」は、独自設計により高・中・低音それぞれにドライバーが搭載されているかのような豊かな高音とパワフルな低音域とクリアな音質を実現。チタンコートのダイヤフラムを採用したことで、より明瞭な音声集力が可能になり、正確で素早い状況の把握や仲間とのコミュニケーションが可能だ。さらに、Razer(TM)HyperClear カーディオイドマイク搭載により、声のみをクリアに収録することが可能。マイクアームも折り曲げが可能で、口元の最適な位置にマイクを調整することができる。

 ゲームプレイにより特化した「Razer BlackShark V2」シリーズ、スマートフォンでの音楽や動画の鑑賞からゲームまでバランスよく対応する「Razer Barracuda」シリーズに新たな選択肢が誕生した。(リアルサウンドテック編集部)

TOPICS

ジャンル