top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

髙橋海人、『ボーイフレンド降臨!』クランクイン 「恋愛シーン鍛えられました!」

Real Sound

×
(左から)田中みな実、髙橋海人、桜井ユキ ©︎テレビ朝日

 10月15日よりテレビ朝日系で放送がスタートするオシドラサタデー『ボーイフレンド降臨!』がクランクインを迎え、髙橋海人(King & Prince)、桜井ユキ、田中みな実からコメントが到着した。

 参考:『ボーイフレンド降臨!』メインビジュアル

 本作は、『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』(TBS系)、『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』(テレビ朝日系)の田辺茂範がオリジナル脚本を手がける、12歳差の男女3人による“トライアングル・ラブコメディー”。『ドラゴン桜』(TBS系)、『未来への10カウント』(テレビ朝日系)の髙橋が初のラブコメディに挑戦し、ドラマ単独初主演を飾る。

 髙橋が演じるのは、人生に行き詰まりを感じていた35歳の女性、茶谷かしこ(桜井ユキ)と佐藤渉(田中みな実)の前に突如現れた記憶喪失の青年・アサヒ。その天真爛漫で無防備な性格と、圧巻の才能で周囲を惹きつけるアサヒの存在が、やがて2人の恋や人生に大きな変革をもたらしていく。

 髙橋、桜井、田中が3人揃って撮影初日に挑んだのは、物語でもアサヒとかしこ、渉が初めて揃って顔を合わせる病院でのシーン。撮影後、髙橋は「どんどん掛け合いが楽しくなっていき、ワクワク感が増した1日でした」と語ると、桜井も「3人でテンポ良く、楽しく演じられました」と初日を終えた感想を語った。その裏には新城毅彦監督の存在が大きかったようで、髙橋は「撮りたい画や、出演者にどういう立ち回りをして欲しいか、ビジョンをはっきり言ってくださるので、とても演技に打ち込みやすかったです」と明かした。

広告の後にも続きます

 そんな髙橋は監督に「『LOVE千本ノック』と言いますか、アサヒの魅力である“可愛い”表情や言い回しができるまで何回も挑戦させていただいた」そうで、「恋愛シーンをしっかり鍛えていただきました!」とコメントした。また、台本の段階から髙橋の“キュンキュン”シーンを楽しみにしていたという田中は「撮影初日から早速、随所にありました!」と語った。

■コメント

髙橋海人(アサヒ役)

撮影初日を終えて、すごく安心しました。新城監督はとても明るく丁寧にアドバイスをくださいますし、撮りたい画や、出演者にどういう立ち回りをして欲しいか、ビジョンをはっきり言ってくださるので、とても演技に打ち込みやすかったです。監督には「LOVE千本ノック」と言いますか、アサヒの魅力である可愛い表情や言い回しができるまで何回も挑戦させていただき、これまで僕の引き出しになかった恋愛シーンを、初日の1日でしっかり鍛えていただきました。
ユキさん、みな実さんとは、テンポ感を意識しながら一緒に演じさせていただいたら、どんどん掛け合いが楽しくなっていきました。 今後そんな3人でのお芝居がどうなっていくのだろうと、ワクワク感が増した1日でもありました。一方で、恋愛シーンやアサヒの可愛らしさを表現することは、僕自身にとって高いハードルでもあります。難しいながらも、ひとつひとつ挑戦することを楽しんでいきたいなと、改めて思いました。

桜井ユキ(茶谷かしこ役)

新城監督は、撮りたい画が明確にあるんだなというのを現場でヒシヒシと感じました。なので、今日は撮影初日でしたが、どうしたらいいかなと迷う場面もなく、とても演じやすかったですし、3人でテンポ良く、楽しく演じられました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル