top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

Ryohu 音楽家としての挑戦と、生活者としてのリアルなメッセージ

SPICE

×

Ryohu


ラッパー・Ryohuの2ndアルバム『Circus』がいい。2年前の1st『DEBUT』は客演なしなしで、自らが歩んできた人生、自分史を音楽で表現したアルバムだったが、今回は多彩なゲストを招き入れてバラエティ度がぐっと増した。YONCE(Suchmos)、佐藤千亜紀、IO(KANDYTOWN)、オカモトショウ(OKAMOTO'S)、AAAMYYY、TENDRE、Jeterという顔ぶれを見ただけで、とんでもないものになりそうだと思ったが、結果は期待のさらに上を行く。前作に続き、プロデューサーの冨田ラボらが素晴らしいトラックを提供している。音楽家としての挑戦と、生活者としてのリアルなメッセージがある。ラップもポップもバンドも越えて、多くの人の耳に届いてほしい生命力溢れる作品だ。

――前作とは打って変わって、客演を多く入れた華やかなアルバムになりましたね。

自分が(客演に)行くことは多かったんですけど、作品にここまでたくさんの人を迎え入れるのは初めてのことでした。今までのRyohuの感じとか、自分自身が思ってることを、相手にうまく共有できてないといけないなと思ったので、はじめましての人とは逐一話をして、テーマを伝えたりとか。友達とは、その人とやる意味だったり、今だからできることがあるので、過去があった上で今一緒にやる音楽は何だろう?って考えたりしました。最初からゴールが見えてたわけじゃなくて、なんとなく雰囲気を考えながら、そこは好みというか感覚で進めていったので、1stの『DEBUT』とは違って、“Ryohuです、どうも”という感じではなかったと思います。

――1stは客演なし、まさに“Ryohuです、どうも”というアルバムでしたけど、今回はかなりテイストが違う。

広告の後にも続きます

楽しかったですよ、作るのは。

――誰をどの曲に呼ぶのかは、どんなふうに決めていったんですか。

1stアルバムの1曲目「The Moment」という曲は、冨田さんの曲で、それまでメロディを作ってもらってそれを歌うということがなかったんで、なんとなく恥ずかしくて。誰か入れようかと思った時に、“YONCEが合うな”と思いました。でも作ってるうちに自分の半生を語る曲になっていって、結果的には自分で歌うことにして。そういうことがあったので、今回はYONCEとやりたいと思い、アルバムの最初の曲として作り始めたのが「One Way feat.YONCE」ですね。

――ああ、そういう伏線があった。曲も同じ冨田さんだし。

冨田さんには“今回はフィーチャリングを入れたい”と事前に伝えていました。その時はまだYONCEは確定してなかったんですけど、僕から直接連絡をして、快くOKしてもらいました。(人選は)そういう繰り返しですね。それぞれありますけど、佐藤千亜妃さんははじめましてで。

――「Cry Now feat.佐藤千亜妃」は、意外に思った人もいたかもしれないですね。組み合わせとして。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル