top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北千住「大橋眼科」の取り壊しが決定も… 移築再建をかけて目標金額1億2000万円のクラファンがスタート!

Pouch[ポーチ]

×

北千住「大橋眼科」の取り壊しが決定も… 移築再建をかけて目標金額1億2000万円のクラファンがスタート!


皆さんは東京・北千住の街で親しまれていた「大橋眼科」をご存じでしょうか。

SNSでもたびたび話題を集めてきたアンティーク洋館ですが、残念ながらマンション建設のために取り壊されることが決定しています。

そんな中、「大橋眼科を北千住のランドマークとしてなんとか遺したい!」との思いからスタートしたのが、移築再建のためのクラウドファンディング。

目標金額はなんと1億2000万円。このプロジェクトのゆくえ、いったいどうなるんでしょう……!?

【移築プロジェクトのきっかけ】

1917年に竣工した初代・大橋眼科。その後、老朽化で1980年代に再建されましたが、その際は昭和通りに立っていたガス灯や浅草の映画館にあったレリーフなど当時のオーナーが収集したアンティークパーツが随所に組み込まれました。

広告の後にも続きます

2021年春までは実際に眼科として使用されていたものの、2021年秋に隣地でマンション建設の計画が立てられ、同眼科の敷地も計画地の一部になったことから、2022年夏に取り壊しが決定しました。

すると、この情報をSNSで知って集結したのが、地元企業の社長をはじめ、千住の街づくりに熱心な建築士や大工職人、ライターたち。「大橋眼科を千住に残すためには移築しかない」との思いから、大橋眼科移築再建プロジェクト実行委員会が立ち上がったのだとか!

【カフェやショップになるかも…!?】

今回のプロジェクトでは、失われた設計図の代わりに新たな設計図を作り、千住圏内に三代目大橋眼科として再建する予定。

貴重な部材はできるだけ取り外して保管すること、壁などは移築できないため復元建築時に再建することなども計画に含まれています。

これまで以上に多くの人々から親しんでもらえるように、洋菓子が食べられるカフェやスイーツのお土産が買える施設にするといった案も構想中だそうですよ!

三角屋根のレトロ洋館でいただく紅茶やケーキ……想像するだけで胸がときめいちゃいますね♪

【1億2000万円の資金を募集中!】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル