top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今からでも遅くない! いまこそ心の栄養補給のような番組、Netflix『クィア・アイ』を観てほしい理由3つ

Pouch[ポーチ]

×

今からでも遅くない! いまこそ心の栄養補給のような番組、Netflix『クィア・アイ』を観てほしい理由3つ

人は誰しも悩みを抱くもの。

価値観の変容が進んで多様性の時代になっても、ある種の “生きづらさ” を抱えているような気がします。自分のコンプレックスやトラウマから抜け出せない、そんな自分を愛せない……。

こうした “負のスパイラル” に陥りそうになったときに私は、現代をサバイブしていくうえで心の栄養補給のようなNetflixオリジナルシリーズ『クィア・アイ』を観るんです。

Pouch では何度も激推ししている同シリーズですが、今回は「いまこそ『クィア・アイ』を見てほしい理由3つ」と題して見どころポイントを厳選してみました。この機会に『クィア・アイ』の良さを再確認したいと思います!

【いまこそ『クィア・アイ』を観てほしい理由3つ】

■その1:価値観の変化がめまぐるしい今だから。

美や食などのスペシャリストが集まった5人組 “ファブ5” が悩みを抱えた人のもとを訪れ、劇的ビフォーアフターを繰り広げる本シリーズ。ファブ5のメンバーはゲイやノンバイナリー(性自認が男性にも女性にも当てはまらない)を公言しており、番組にもLGBTQの参加者が多数出演しています。

広告の後にも続きます

Queer Eye. (L to R) Antoni Porowski, Tan France, Bobby Berk, Jonathan Van Ness, Karamo Brown in episode 601 of Queer Eye. Cr. Courtesy of Netflix. © 2021

そのいっぽうで、ファブ5に対して「君たちに偏見を持っていた」とハッキリと口にする参加者も。ゲイの結婚に関する話題が持ち上がったシーズン1の第1話では、ストレートの男性が「君は夫? 妻?」と尋ねる場面もありました。

またLGBTQ当事者だからといって、LGBTQのすべてを理解しているわけではありません。シーズン2第5話では、ファブ5自身がトランスジェンダー(こころの性とからだの性が一致していない人)への理解や知識が足りなかったことを隠さずに、「だからこそ理解したいんだ」と歩み寄っています。

ジェンダーに対する価値観をはじめ、世の中がものすごいスピードで変わっていく中で、シンプルに「あなたを知りたい」と参加者に接するファブ5を見ていると、ひとつずつ知っていけばよいのだと気づかされるんです。

■その2:世界に広がるファブ5の輪があるから。

アメリカを舞台にした本家『クィア・アイ』に続いて、今年2022年にはドイツ編とブラジル編が仲間入り。各国ごとにファブ5がいて、それぞれ個性を発揮しています。

本家・ファブ5のメンバーは、フード&ワイン担当のアントニ、インテリア担当のボビー、美容担当のジョナサン、カルチャー担当のカラモ、ファッション担当のタン。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル