top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奇想天外なプレーは計算だった!? レアルDF、古巣チェルシーでの“珍プレー”を説明

フットボールチャンネル

×

奇想天外なプレーは計算だった!? レアルDF、古巣チェルシーでの“珍プレー”を説明

 レアル・マドリードのドイツ代表DFアントニオ・リュディガーが、自身の“珍プレー”について説明した。ドイツ『シュポルト1』のインタビューを英『スカイスポーツ』などが取り上げている。

 リュディガーはチェルシーに所属していた今年3月、プレミアリーグでニューカッスルと対戦した際に不思議な行動に出ていた。相手のパスが精度を欠いてリュディガーが余裕を持って対応している際、ナゾのステップを一度入れている。プレーに全く関係ないアクションは観ているものを困惑させた。

 その困惑は、リュディガーの狙いだったようで、次のように話している。

「正直に言うと、あの試合はちょっとスタジアムがおとなしすぎた。だから、わざと興奮させたんだ。僕は対戦相手をみて分析するのが好きで、『ちょっと挑発したらどんな反応をするかな』って思ってしまうんだ。試合前に相手を決めてやっているんじゃなくて、自然にやってしまう感じだよ」

 奇想天外のプレーで周囲を驚かすことがあるリュディガー。全ては計算された行動だったのかもしれない……。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル