top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

マンUから学ぶことがある…? リバプール、大物ベリンガム獲得はリスクも巨大

フットボールチャンネル

×

マンUから学ぶことがある…? リバプール、大物ベリンガム獲得はリスクも巨大

 リバプールはボルシア・ドルトムントのMFジュード・ベリンガムに投資することになるのだろうか。英『ミラー』は、ここにマンチェスター・ユナイテッドと同じようなリスクがあると指摘した。

 19歳のベリンガムは、世界的に評価の高い若手。すでにイングランド代表でもプレーしており、圧倒的な能力を見せつけている。

 そのベリンガムに以前から興味津々なのがリバプールだ。リバプールは今季、ユベントスかるMFアルトゥールをレンタルで獲得した。完全移籍オプションを有しているものの、ここまでほとんど起用されておらず、リバプールが買い取る可能性は低い現状。アルトゥールはあくまでつなぎであり、今季終了後にベリンガムを迎えるものとみられている。

 ただ、ベリンガムに契約解除条項は設定されていない。ドルトムントの評価額は1億5000万ユーロ(約215億円)で値引きに応じる意思はないとされている。

 それだけの評価額がつくベリンガムだが、この状況で思い起こされるのはFWジェイドン・サンチョだと記事は伝えた。

広告の後にも続きます

 サンチョは昨年夏にドルトムントからユナイテッドへ移籍。その移籍金は8500万ユーロ(約122億円)とされているが、ここまでユナイテッドで挙げたゴールは「8」。今季は良い印象を残しているとはいえ、まだ獲得前の評価ほどの結果は残していない。

 リバプールはベリンガム獲得に照準を合わせているが、スムーズに適応できるかは未知数。それだけの才能であることは間違いないとしても、慎重な判断が求められることになりそうだ。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル